適応障害から復活した大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

舞台「けものフレンズ」を応援上映することはできないという話(短文)

こんばんは。

 

昨日、都内某所で舞台「けものフレンズ」の上映会を行ったのですが、

 

当初の予定「まえあし!まえあし!まえあし!」「ペタHEY!ペタHEY!」

 

結果:超静かになった。

 

振り返ると、舞台「けものフレンズ」って、

 

序盤:面白い

中盤:超面白い

終盤:めっちゃ感動するから全く盛り上がらない

 

ということに改めて見て気がついた。

 

というわけで、応援上映には適しませんので、ご注意ください。

 

ただ、それだけ舞台「けものフレンズ」が素晴らしい舞台ってことを私は言いたい!

感動できる!何度でも見たい!n度目の視聴で得られる新しい何かがあると思いますので何度でも見ましょう。

 

DVDをお持ちでない方、今度からは「涙を流して鑑賞会」のを企画予定(するかはわかりません)なので。

 

さて、いよいよ年末ですね。忘年会など色々ありますが、是非皆さん楽しむこともそうですが、羽目などを外さないようご注意ください・・・。

 

さて、明日は「アレ」のレビューがしたいでござる!!!

 

 

キモいオタク

筑波大学建物崩壊事件について遠くから一言

今日は都内某所で舞台「けものフレンズ」の観る会をしていました。

 

あの、思ったことがあるんですよ。

 

超楽しかったんですよ。楽しかったんですが、舞台「けものフレンズ」は序盤は笑い要素が強いのですが、中盤から普通に我々を泣かしにかかってくるので、全く雰囲気が盛り上がらない!!!!!!!!!!

 

でも、結果として「楽しかった」のは事実です。

 

ありがとうございました。

 

さて、その後は二次会と称してオオフラミンゴ役の幸野ゆりあさんにお会いしたり、さらに某所に行って楽しんだり・・・。

 

話せないのが残念。僕はけものフレンズがーでんのようにこれまで楽しかった場所は写真などを撮影して紹介したいのですが、どうしても個人的に紹介できないのが残念です。

 

今四次会と称して舞台「けものフレンズ」の再上映会を自宅でしています。オオフラミンゴ先生やっぱりでっかく見えるしカワイイし。

 

そして幸野ゆりあさん。本当になんでも話すので、「楽屋が汚い」って話はちゃんと裏とりがあったんだよとか・・・。いつか公式から「それは言わないで」って言われそうで心配です笑

 

さて、本題に入りましょう。

 

今日、そんな上映会をしていた時にTwitter

 

「筑波大の1B棟と1C棟の連絡口の所が崩落した」

 

という情報を聞きました。

写真を見たら「やっべぇ」ってなったのです。

 

普通に人がいたら死傷者が出かねないレベルの崩落でした。

 

そして、調べてみると、大学の建物が崩落するというニュースは私の簡単な調査の限りで前例がありません。

 

ここで、ツイートを引用してもよいのですが、今回は引用しません。

 

逆にこんなツイートを引用します。

 

 

で、これで後者みたいなコメントを残している人が多すぎるんですよね。

 

流石に僕はびっくりしましたね・・・。

 

もしかしたら自分がその場にいたかもしれないのに・・・。

それだけに筑波大学生のリアクションにはびっくりしたなぁ・・・。と

 

正直それだけなのですが、最近筑波大学学外の方の交友が広がっており、学内でさらに後輩に関してTwitterなどをフォローしていないのでどんな感じかはわかりません。

 

まぁ、コレ以上は何も言いません。ちょっと考え方がおかしいんじゃないのって正直思ったんですよ。所詮SNSだし、本当は恐怖とか不安とかを思っているならいいんですが、SNSでの最初にしたツイートって自分の本心出ちゃうんですよね。自分がそうで、なんども迷惑かけてきたから。流石に大学4年次3年生ですからそんなことは激減したはずと思いたいですが。

 

大学の対応に関しては未だになにも無いので特にコメントはありませんが、翌日1限の8:40までに何らかの全学メールを送信してもよい問題とは思っています。

 

この後大学がどのような対応を取るかはわかりませんが、冷静な対応を望みます。

 

そしてこんな時に限って某学生組織にすごい槍がぶっ飛んでくるのも「????」って思ったりします。

 

でも、たしかにこんなこと言うのも自分が老害になったのかなって思ったり・・・。

でもこの事件に関しては思ったことを言ったまでです。

 

うん。舞台「けものフレンズ」。泣けるわぁ・・・。(いまけものみちがきかいから流れてるところ)

 

将棋タイトル戦の話

昨日のことです。将棋を知っているならばこの人の名を知らない人はいないでしょう。

 

羽生善治棋聖竜王戦七番勝負で勝ち越しを決定させ、竜王位を獲得。

 

これにより、永世竜王のタイトルを獲得し、「永世七冠」を獲得した史上初の人となりました。

 

羽生さんはこれまでの幾度となく「衰えた」と言われながらも、ずーーーっとプロ将棋界のトップを走り続けました。最近も羽生さんは三冠を持っていたのですが、タイトル戦で幾度となく敗北を喫し、「本当に羽生さんは終わったのか」などと囁かれることもあったのですが、そんななかで念願の竜王位を獲得しました。

 

さて、そんな将棋タイトルに関して案外知られていないということで私なりの説明をしたいと思います。

 

基本方針としては「藤井四段ブームで将棋をニュースなどでよく見るけど、タイトル戦に関して何のことやらわからない」人向けに書きたいと思うので、ある程度ご存知のかたにとってはツッコみたいところもあるとは思いますがご容赦ください。

 

また、今回は、よく取り上げられる日本の男性プロ棋士のタイトル戦について取り上げます。女流棋士の棋戦に関してはこの記事を読んで各自調べていただければ多分理解できるようになっていると思います。

 

日本のプロ将棋ではタイトル戦が8つあります。つい先日までは7つだったのですが、新たに叡王戦が追加されました。順番にn番勝負が行われる時期、棋士が考える事のできる持時間、何番勝負で戦うかを記載しました。

 

 

この内、順位戦王将戦の挑戦者決定リーグ戦のみがリーグ戦で戦う方式で、それ以外は基本、トーナメント方式で戦うという考え方で大丈夫です。

 

そりゃ、各々強い棋士はシードになってたり・・・。とかもあるのですが、そこまで深入りすると、僕も知らないので、そのような感じです。

 

なので、基本的に順位戦王将戦の挑戦者決定リーグ戦以外(だから王将戦の挑戦者決定リーグ戦までの闘いはトーナメント方式です。)は全てトーナメント方式で勝ったやつがどんどん山を進んで行って全勝したら・・・。

 

タイトルホルダーとn番勝負をするというわけです。大体五番勝負か七番勝負ですね。

つまり、例えば、今棋聖のタイトルを保持しているのは、羽生善治さんです。その羽生さんが棋聖戦の予選を上から俯瞰して見ていて、勝ち抜いた1人が挑戦者となり、「よしどちらが棋聖に相応しいか決めようではないか!」(あくまでイメージです)と言ってタイトル戦が始まります。そこでタイトルをもっている羽生さんが勝ち越せば「防衛」、挑戦者が勝ち越すと「奪取」となり、羽生さんはタイトルを失い、挑戦者がタイトルを手に入れ、来年羽生さんのように上から予選を俯瞰して見る(あくまでイメージです)ことになります。

 

それはもちろん昨日決着がついた竜王戦でも同じこと。

羽生さんは予選を勝ち抜いて勝ち抜いて、渡辺竜王までの挑戦権を獲得し、挑戦者として、タイトル戦に挑み4勝1敗でタイトルを奪取しました。

ちなみに、この竜王戦の決勝トーナメントの第二戦目で藤井聡太四段が29連勝中のところ、佐々木勇気六段に敗れ、連勝記録が途切れました。

 

また、新設されたばかりの叡王戦については特殊なことづくめなのでここで簡単に書ききっちゃいます。ちょっと複雑ですし、あまりテレビなどでは取り扱われないのでここは読み飛ばして大丈夫です。

 

叡王戦は各段位(例えば羽生善治さんだと9段,藤井聡太さんだと4段です)でトーナメントを組みそこでの勝者15人(各段位で勝ち抜ける人数が異なります)と昨年度叡王のタイトルを獲得している佐藤天彦叡王の16人で本戦トーナメントを戦う。

 

勝戦が実質タイトル戦で7番勝負を行う。

 

[ルール]

【第1局・第2局】と【第3局・第4局】と【第5局・第6局】と【第7局】で、対局の持ち時間を変更して行う。

 

[持ち時間(の種類)]

A 持ち時間1時間 B 持ち時間3時間
C 持ち時間5時間 D 持ち時間6時間
※全てチェスクロック方式/消費後は秒読み1分

 

[持ち時間の振り分け]

【第1局・第2局】【第3局・第4局】【第5局・第6局】のいずれかに、
持ち時間1時間(A)、持ち時間3時間(B)、持ち時間5時間(C)が振り分けられ、
【第7局】は、持ち時間6時間(D)で行う。

第1局から第6局までの持ち時間は、振り駒を受けて、対局者が決定する。

 

というわけで複雑なんです。

 

ちなみに来年度行こうの第四期叡王戦は他のタイトル戦と同様の形になり、トーナメントを勝ち抜いた1人が叡王と七番勝負を行うという方式になるそうです。

 

 

さて、王将戦のリーグ戦については、トーナメントを勝ち抜いた複数人がリーグ戦形式で闘い、最も好成績を収めた人がタイトルホルダーと7番勝負を行うということです。

 

そして、最もちゃんと説明したいのが、名人戦順位戦です。

 

名人戦は先程まで説明した七番勝負だけのことを指し、この名人戦への挑戦権を獲得するための対局を順位戦を言います。

 

この順位戦がプロ棋士にとっては最も重要だと思います(僕はね。本当はどうか知らんよ)

 

順位戦は1年間かけて、リーグ戦を闘い、成績が良ければ昇級、成績が悪ければ降級となってしまいます。

 

まず、プロ棋士になると、C級2組に所属することになります。当然今年度プロ棋士デビューをした藤井聡太四段も現在C級2組にいます。

 

そんな藤井聡太四段ですが、現在6勝0敗とトップタイ(色々な関係から本当は2位です)の成績を残しています。このまま今季の順位戦で全て勝利を収めると、昇級し、次はC級1組に所属し、来年度は戦うことになります。

 

このように、優秀な成績を順位戦において収め続ければ、昇級、昇級を繰り返していき

ます。ちなみに、組に関しては5つ存在し、高い方から、

 

A級

B級1組

B級2組

C級1組

C級2組

 

となっています。特にA級に所属する原則10人(今年度は11人)の棋士は「A級棋士」と呼ばれ、名人とともに現在の日本のプロ棋士のトップ11と言っても過言ではありません。それはそうですよね。過酷な昇級バトルを勝ち抜いて来ているわけですから。

 

そして、A級で最優秀成績を収めた1人が名人への挑戦権を獲得し、名人戦7番勝負を行い、これまでのn番勝負と同様に名人が勝ち越せば「防衛」、挑戦者が勝ち越せば「奪取」し、名人はタイトルを失い、A級でまたリーグを戦うことになります。

 

この順位戦こそがタイトル戦までの道のりが厳しいことや、例えば藤井聡太四段がC級1組に所属することになれば「四段」から「五段」に昇段することから、この順位戦が最も重要視される理由のひとつです。

 

昇段の条件に関しては日本将棋連盟のHPを見ていただければわかりやすいと思います。

 

最後に永世称号について書きます。

 

永世称号は、新設されたばかりの叡王を除いて、

  • 一定の期間連続でそのタイトルを保有し続ける。
  • 通算でそのタイトルを指定された期間保有する。

 

以上の条件が各タイトル戦で設けられており、それのどちらかを満たすと、そのタイトルについての永世称号」を獲得することができます。

 

各タイトル戦についての「永世称号」の獲得要件は以下の通りです。

連続で5期または通算で7期竜王のタイトルを獲得する。

 

通算で5期名人のタイトルを獲得する

 

連続で5期または通算で10期王位のタイトルを獲得する。

 

連続で5期または通算で10期王座のタイトルを獲得する。

 

連続で5期棋王のタイトルを保持し続ける。

 

通算で10期王将のタイトルを獲得する。

 

通算で5期棋聖のタイトルを獲得する。

 

これを各タイトルで満たすと、その人に永世称号」が与えられるという形になります。

また、原則として、この永世称号は引退後に名乗ることが原則とされています。

その為、羽生善治さんはまだ現役のため、現在保有しているタイトルが棋聖竜王なので羽生善治二冠と呼ばれます。

 

で、つまり羽生善治さんは永世七冠を獲得したということは、上記の条件を全て満たしちゃった最初の棋士ってことなんです。

 

やばいね・・・・。うん。

 

いかがだったでしょうか?なるべくわかりやすくはまとめたつもりですが、あまり僕も詳しくは知らないので、稚拙なところもあったかもですが、なにか質問などがあればどうぞ。ただ僕より強い人の「え〜?九段戦は?」みたいな難しい質問は受け付けません。誤植などがあれば教えていただけると嬉しいです。

 

ちなみに、タイトル戦の事情はよく知っている僕ですが、

将棋は全く指せません!残念!!

 

 

最近考え込んでしまうこと

「将棋のタイトル戦の説明をしてほしい」

 

と複数の方からリプライをいただきましたので、

 

今日、この後病院ですが、帰宅後僕なりに書いてみたいと思います。

正直そのような内容はネットの海に氾濫していることは百も承知ですが、

 

実は僕も「将棋は指せないけど、タイトル戦はまぁある程度は知っている」という変な人なので、その層がわかるように書いてみたいと思います。ご期待ください。

 

ところで、ここの記事は最近「けものフレンズ」に対して僕の気持ちというか心境についてときたま自転車を漕いだりとか、何も考えていない時にふと脳裏で考え込んでしまうことがあります。

 

何かといえば「けものフレンズがーでん」

 

終了してはや一ヶ月を超え、多くの方はロスから脱出出来た方もいれば、悪化している方も多いのはないでしょうか。

 

僕に関してですが、正直、完全に脱却しています。心の底からそれは思っています。

 

なんだろう、こんなことを言ってしまうと、裏切り者!と言われてしまいますが、

僕の親友はこんなこと言っていましたが「終わったものは終わったから」みたいな・・・。なんてちゃんと言ったかは正直忘れた笑

でも僕の心に強く響いた(当時)のです。

 

でもけものフレンズは好きなのですが、なんかがーでんの日々は楽しかったけど、終わりは終わりと踏ん切りがついてる感じですね。

 

そして今。けものフレンズカフェではロスしてる人たちなのかな?違うのかな?

皆様が毎日カフェに通うのをTwitterから静観しています。

 

でも、僕はアレルギーの関係でカフェとの相性が最悪なのです笑

それに関しては僕の体質の問題ですからしょうがないですよね。

 

がーでんだったら「オッホゥ行きたい」ってなっていたのですが、そうもならない・・・。

 

正直相性とかもありますよね。

 

まぁ、僕は「大学生として毎日勉強する日々がくっそ楽しいフレンズ」なので、今大学生として日々過ごすのが楽しいからだと思います。

 

がーでんはまだ学校に復学して通う前に行って、僕のうつ病で汚れた心を浄化してくれるのに助けて貰ったといえば大げさですが、そういうものだったのかなと感じています。

 

やっぱり正直つくばから東京の渋谷に定期的に通うのは厳しいものがありますね。

 

大学生って幸せですよね。好きなこと勉強させてもらえて、親にお金払ってもらってさぁ。

 

この人生でもなかなか得られない時間だと思っています。多分大学生が終わればこんな時間は老後にしか与えられないんでしょうかね笑

 

とにかく、なんか心を整理したくてこの記事を書いたのですが、結局ぐちゃぐちゃになっちゃいました。

 

まぁ、もっと、とっさに感じたことは僕の最近作成した別アカウントのTwitterでドロドロ言っているので、暇なら見てください。

 

今後、このブログでは

 

1.将棋タイトル戦について

 

2.僕の最近の拠り所、末広町の○○

 

という記事を書く予定です。ご期待はしないでください()

ちょっと久しぶりの学校とありがとう幸野さん

金曜日に大学に行けなかったので、

 

一週間ぶりの学校ですわ。

 

留年ボーイなので、同期がいないもので孤独ぼっちで授業を受けていますが、結局授業は他の学生との慣れ合いではなくて、先生との真剣勝負なので、特に気にしません。

 

大学にはけものフレンズのオタクフレンズが身近にいないので(ちょっと遠方にいますが)大学では一般大学生のモノマネをしています。

 

うーん、どちらかと言えば、けものフレンズ関連イベントにいるときの自分の方が演じてるって言っておきましょう。普段は静かなんですよ。僕は。

 

後、Twitterもキャラ作ってますから。僕は真面目なの。真面目()

 

そんなことより、昼休みに、突然こんな通知が降ってきてびっくり

 

 

はぁ?????

 

ふぉおおおおおおおお!!!!!!!!!

 

なんと先日の記事が推しの幸野さんのTwitterに取り上げられるミラクル!

 

もちろん、本人に読んでいただいても大丈夫なように書いたつもりです。

 

実は、この記事はつくばに戻ってから書こうと思っていたのですが、実家の拙いPCで作成しました。

 

つくばの自宅PCならもっとサクサク作成できたと思います。

 

僕はこれで図に乗るオタクなので、多分来月になったらまた予定をまとめるでしょうね。オタクだから。

 

幸野さんありがとうございました。

 

ちなみに、このツイートが流れてから教室を飛び出して廊下でかる〜くガッツポーズしました笑それだけ。

 

特に今日は日記という感じです。

 

最後に一言。

 

幸野さんがドラマ「コウノドリ」に出演なさると聞いて思った僕の一言。

 

ぼく「幸野さんが撮られたってことか・・・。『コウノ撮り』・・・。コウノドリ・・・。ごめんなさい。」

 

(ツイートしようと思ったけど、躊躇った内容です)

舞台「けものフレンズ」オオフラミンゴ役 幸野ゆりあさんを(再)紹介する。

 

coenscyanap.hatenablog.jp

 

僕はけものフレンズでは「箱推しと基本的に名乗っています。

なぜかって言うと、推しにいるとあるくじのイベントなどで「そのキャラがでるまで引き続きたくなる」という沼を昔アイドルが好きだったときによく知っているからです。

 

でも、フレンズとしての推しはいないのですが、中の人で

「幸野ゆりあ」さんけものフレンズを通じてファンになりました。

 

上記の記事を書いたときはまだそこまでファンではなかったのですが、その後幸野さん本人にお会いしてからマジでファンになりましたね。10月からですね。

 

ちなみに、2番目はマーゲイ役の山下まみさんです。マーゲイさんかわいいぺろぺろ。山下さんもかわいいぺろぺろ

 

さて、本題ですが、上記で幸野さんの記事を書いたのですが、正直ファンになってから記事を見ると適当すぎる内容なので、もう少し詳しくまとめてみたいと思います。

 

f:id:CoensCyanaP:20171202232549j:plain

幸野ゆりあ(Twitter:@ko_yuli)

Blog:https://ameblo.jp/yulia-kohno/

出身地:神奈川県横須賀市

誕生日:3月20日(年齢不詳の浜っ子です。)

所属事務所:ミレニアムプロ築田行子さん(フルル)、根本流風さん(コウテイ)と同じ事務所です)

資格:英検2級(NYに3年滞在していたそうな!!)

ちなみに築田さんは英検準2級だそうです。

けものフレンズ

アニメ:インドゾウ役

舞台:オオフラミンゴ役

(なんとアニメけものフレンズと舞台けものフレンズ両方に出演するのはどうぶつビスケッツ×PPP以外で唯一!)

 

その他の活動

横浜シーサイドライン リアル柴口このみ(鉄道むすめ)役

www.seasideline.co.jp

 

認定ベビーシッター&保育士の資格習得中

ゆるふわラッププロジェクト YULiA

 

不定期で地上波のドラマに出演

2017年

刑事7人 金沢由香役(放送終了のためネタバレすると、殺される役です。)

ameblo.jp

 

コウノドリ 第9話 妊婦役(12/8(金)22:00~)

ameblo.jp

 

紹介としてはこんなところでしょうか。

 

後は個人的に少しだけ幸野さんの「ここがすごい!」というところを書きたいと思います。

 

僕は、「インドゾウ役とオオフラミンゴ役」の温度差に本当にびっくりさせられました。

 

最初この2匹のフレンズが同じ方と知ったときは「あんな落ち着いてるのと」「あんな情熱的なのが同じ!?!?!」とびっくりしました。

 

ちなみに、普段の幸野さんは・・・。落ち着いています笑

 

歌唱力も半端じゃないです。それは舞台「けものフレンズ」を見たことがある方、そして先日舞台のアルバムが届いた方ならご存じでしょう。

 

僕はまだリアル柴口このみさんとしての幸野さんはお会いしたことがないのですが、そこで歌唱などもしているらしく、幸野さんしゅごい・・・。と思います。

 

最後に年内で幸野さんに会えるチャンスをご紹介しておきましょう。

 

12/9 いそごこどもエコフェスタ2017(横浜市磯子区)

いそごこどもエコフェスタ | 横浜市 磯子区 ホームページ

 

12/10 セフィロティックツリー(東京メトロ 銀座線 末広町駅 徒歩2分)

セフィロティックツリーは簡単に言うと服屋さんです。簡単に言わなくても服屋さんです。何がグッズを買えば幸野さんとチェキが撮れるよ!やったね!!

メンズの服もちゃんとある(というかメンズの服が多い)ので皆さん是非!

ちなみに幸野さんは月1度程度このセフィロティックツリーに来ます!

 

12/16 横浜シーサイドライン クリスマス列車 リアル柴口このみ号

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

抽選で幸野さんのサイン入り等身大ポスターが当たる・・・?ほしいでしょ?

トピックス詳細|横浜シーサイドライン

 

とまぁ、紹介というかまとめという形になりましたが、この記事からでもよいので、少しでも幸野ゆりあさんに興味を持って頂ければと思います。

実家に帰省(中)

11/28から実家の北海道から帰省・・・。

 

予定が通常通りでしたら、明日金曜日の授業に出席するためにつくばにいるはずなのです。

 

しかし、このブログは実家から更新。

 

そうです。まだ僕は北海道にいます。

慣れない実家のウィンドウズのPCからブログを更新しているのです。あぁIMEも使いにくい。

 

今回は通常であれば2泊3日の弾丸帰省だったので、ノートPCもいらんでしょってことで持ってきてません。一眼レフは持ってきて写真を結構撮影したのですがね。

 

事情を話すと。

 

発熱!鼻水!咳!頭痛!だるさ!つまりはちょっとやばい風邪!!

 

というわけで、今日帰るのはとても厳しかったので大事をとってもうすこしだけ(日曜まで)いることにしました。

 

というわけで明日の授業はすべてお休み。まぁ1限の授業だけ出席点があるので、そこまで問題はないですし、ちゃんと病院も行ったので来週欠席届は一応提出しますよ。

 

メールも今晩したのですが、返信なし!!まぁ大学教授は忙しいですからね。

 

さて、実家に戻ってきた理由は、「運転免許の更新」です。

 

はよ住民票を移せって話ですが、次回の更新までには必ず移す予定です。

 

それも昨日行ったのですが、昨日早朝に起床した時点で尋常じゃないくらい頭痛するし、これ大丈夫か?と不安でしたが、ごり押しでいきました。

 

その後病院へ直行した感じです。僕、久々にがんばりました。

 

講習中の途中で見たビデオのナレーターが窪田等さんと永井一郎さんだったことくらいしか記憶がありません。いや、ラウンドアバウトの話もしてたわ・・・。結構ふらふらでしたが記憶もありますね。

 

さぁて、せっかくだしのんびりしてからつくばに帰りますわ。Kindleは持ってきたしiPadも持ってきたので暇をつぶす時間はたくさんありそう。

 

今は薬のおかげで熱も収まり、今は鼻声のお祭りみたいになっています。すぐは治りそうにないけど、熱さえなければまぁ大学には行けますからね。無理はしませんが。

 

それだけっす。お土産にご期待ください。

 

余談

 

フェネッさんの写真は撮りたかったけど、まぁ本来カフェの予約はいれてなかったし、しょうがないよね。またこーんど。

 

次は筑波に戻ってから更新します。では。