CoensCyanaP's Blog

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

「ステージパフォーマンスでの一眼レフの使い方」(備忘録)

 

coenscyanap.hatenablog.jp

 

この上記記事、前半はひらがなつくばさんすごいんだよってお話をさせていただきましたが、後半は動体に対する一眼レフの取り回し方を書きました。

 

そしてこんなツイートをしました。

 

 

というか、そもそも対策を全く取れなかったなというのが感想です。

 

前回記事までの反省を

 

AF-Cにし忘れる

 当 た り 前 だ

次回からは絶対に気をつけましょう。

 

フラッシュはやっぱり要らなかった

 ステージでの演出だったら当然灯りが付いているので、不要でした。目にキャッチを入れたい気もするけど、後述のシャッター速度の都合からもフラッシュは不要でした。

 

 

流石に最前列すぎた

 ローアングルになってしまった。これは最適解が見えないのですが、もう少しだけ距離をおいて立って撮影するのがベストかな。できれば前に人は欲しくない。

 

 

ちゃんとパフォーマンス内容を理解してない

 コスプレイヤーさんだってそのキャラを理解しているといないでは驚異的に撮影のそれが変わってくるなってがーでんで学んだはずなのに。

 

だからちゃんと事前にモノホンの映像を見て簡単に構成を理解するべきだなと感じました。

 

それか、可能なのであれば、被写体の皆さんのパフォーマンスをリハ映像などから事前確認できれば多分ってか絶対素晴らしいものになると思います。

 

ひらがなつくばの専属カメラマンになりてぇ・・・。

 

 

動く被写体は難しい(当たり前)

 

これが最もこれから学ぶべきことだけど、あまりそんな撮影チャンスは訪れないだろうと。

 

だから、これはひたすら脳内で考えようかなと。

 

まぁ、一つ言えるのは「シャッター速度」ですがね。1/200秒は欲しいって言いましたが、それでも安定しないのでもう一段階は早くしたい。そうじゃないとちょっと綺麗にいかないかな。

 

今回は髪の毛とかがファサッとなった写真がなかったので(ミスしてるのはあった)それを撮影するならまだまだ早いほうがいいので、それは研究しようかな。

 

事前に各メンバーにどんな写真が欲しいかを聞く

 

これしたいけど、これ仮に撮影できなかったときのやばさがヤバイのである意味「ギャンブル」なんですよね。

 

難しいところの話です。でも加工の際に「パリッとしたのがいい」のか「ふんわりしたのがいい」のかくらいは聞けるかなと思います。これカメラマンじゃないとわからないけどね。

 

パリッとしたのがいいのか、ふんわりしたのがいいのかの議論は以下の記事

 

coenscyanap.hatenablog.jp

 

F値はどうするか

 

開放でもいいんですが、僕のレンズでそれをすると、ちょっとずれ込むだけで簡単にボケよるから、ある程度は絞りたい。ちなみに基本はf2.2で撮影しました。というか普段はそうです。動体に対しては速度との兼ね合いがあって難しいんですが、

 

ちょっとピンずれすると簡単にボケるので、正直今回のf2.5は動体に対しては低すぎかなと思いました。

 

F値4くらいがいいのかなと感じました。それだけちょっと安定するかもしれません。

問題はシャッター速度を稼げるかです。ISO感度は400を超えると普通にバリバリノイズ入って僕がイライラするので上げたくないので。それは事前に同時間帯で同じ明るさで相談でしょうね。それくらいはするでしょう。しろよ。

 

全員集合写真は捨てる覚悟を

 

僕のレンズは35mm換算で75〜150mmです。全員が写るなんて絶対ムリなので、それは他の方か、スマホ撮影勢に任せることにしましょう。

 

ちなみに、こんかいのひらがなつくば様の終演後の撮影は無理くり75mmで行いました。かなり無理くりだった。てか集合写真のF値を知らない。覚えよう。

 

とりあえずこんなところでしょう。つまり反省点しか錬成しない撮影だったということ。まだまだ伸びしろがあるっていいことじゃないとポジティブにとらえてこれからを生きて参りたいと思います。

ひらがなつくばさん(@hiraganatsukuku)のカメラ担当をしました。

 

coenscyanap.hatenablog.jp

 

今年も学園祭に参加していました。昨年と同様に珈琲を淹れる団体とクイズサークルです。今年はあまり活動はしなかったのですが、案外疲れました。普段あまりアクティブに動かないのでこういうときは本当に疲れますね。

 

ちなみに、うちの学類は翌日が中間発表という悪しき伝統があります(悪しき伝統です)

 

昨年、上記の記事で「ひらがなつくば」という坂道グループのフリコピ団体さんがとても素晴らしかったという記事を書いたらまさかの公式さんから引用をもらって嬉しかったんですよね。

 

というわけで今年は、せっかくやばい一眼レフ(とレンズ)を持っているわけですから、そんな「ひらがなつくば」さんのカメラ担当をさせていただきました。

 

とりあえずある程度は撮影できましたが、

 

大惨敗

 

でした。(その理由は後ほど)

 

ちなみにダンスをされていた演者の皆さんは最高 of 最高って感じでもういうことありませんし、昨年と同様にすごすぎて感動しましたが、

特に、メンバーのつぼさんが作成したらしい新衣装に感動してしまいました。

 

新衣装なのですが、足元からのフットライトがブルーでそれが真っ白いスカートにものすごい映えていました。最前列からだととても美しかったです。

 

ダンスも非常に完成度が高く、さらに一糸乱れぬ動きでとても美しいかつ綺麗なダンスでした。とても練習されたんだろうなというのがよくわかりました。

 

てかさ、今年のミスコンの長谷川さんと、昨年度のミスコンのゆめかさんいる時点で最強じゃない・・・じゃない?他の方だってよく見てくださいよ!めっちゃ美人なのですよ!それが僕がひらがなつくばの写真担当を引き受けた理由です笑(他にも昨年のパフォーマンスに感動して是非それに参加させてほしいという気持ちからなんですけどね)

 

ただ、最近坂道を聞いていなかったのでちょっとフリなどを知らなかったので、もう一度勉強し直そうかなと思いました。

 

正直言っていい??

 

カメラで撮影はしたけど、パフォーマンスがすごすぎて正直ちゃんと見ていたかったというのが感想です。

 

俺だけにもう一回パフォーマンスしてくれないかなぁ〜笑

 

昨年と同様の意見になってしまうのですが、

 

「明らかにパフォーマンスする自分たちも楽しみ、そして見ている多くの方々をもっと楽しませる」というのをとても感じました。

 

いや〜

もう一回言うけど

 

ちゃんと見たかった〜笑

 

ちょっとさみしい気持ちになりました。

 

お写真に関しては全て公式さんに委託したので、是非お楽しみに。

 

てかさ〜みんな可愛すぎないですか〜やましい気持ちとかないんで今度ポートレート撮影させてほしい〜〜もう〜最高〜〜〜

 

語彙が滅亡してますが、ひらがなつくばさん、本当に素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました!!また来年に期待しております!

 

さて、ここからは撮影のお話なので、カメラに精通してる方のみ勝手に読んでください。

 

 

まず。大問題から

 

AF-Cにし忘れる

 

AF-S(シングルサーポっていう基本的に静止物体に対して用いる)で勝負してしまいました。普通に忘れてんじゃねぇ!!

まぁ、当然のようにピンぼけは多かったですが、全然予想よりは事故ってなかった。

 

フラッシュはやっぱり要らなかった

 

最初、フラッシュを使用予定って相手方さんにも伝えておいたのですが、一応ステージでのパフォーマンスでしたので、明るかったため、全く必要なかったですね。

 

まぁ、仮に撮影が暗くても後から加工でどうにもでなるけどね〜

 

流石に最前列すぎた

 

あの、前々団体さんも少し撮影させていただきたかったので、前の方にいたのですが、

 

なんかずっといたらいつの間にか最前列にいて、さらに最前列は立たない感じでずっと座って撮影してたら大体ローアングルになってしまいました笑

 

もうちょっと後方で立ちたかったような気もするけど、案外遠いので、まぁ悪くもなかったかなぁ・・・。

 

ちゃんとパフォーマンス内容を理解してない

 

これ、実は大事なんですよね。どういうフォーメーション、ダンスをするくらいはちゃんと頭に入れておきたいなと思いました。そうしないと、シャッターチャンスがわからないですからね。

来年は是非頭に入れて撮影してみたいですね。(来年もうやる前提で話してる)

 

動く被写体は難しい(当たり前)

 

最近(ってかずっと)は止まってくれる被写体を撮影してきたので、めちゃめちゃ動いてくる被写体って撮影難しいですね。

 

1/200秒は欲しいというのが感想。望むなら1/800秒は欲しい

 

1/2000秒で撮影したやつは当然暗いのですが、キレイでした。

 

というか、動く被写体への撮影に関して根本的に知識が欠乏していました。

毎日勉強ですね。来年までには・・・。(昨日ひらがなつくばさんに撮影は来年は厳しいって言いましたが、もう下手くそすぎて自分に腹が立つので、来年リベンジしたいなって思ったり)

 

ちゃんと勉強したいと思います。

 

最後に、

 

改めましてこのような機会を与えてくださいましたひらがなつくば様と演者の皆様に心より感謝申し上げます。素晴らしいパフォーマンスでした。本当にありがとうございました!!

また年を取りました

Nikon巻きにしました。

 

先日がーでんで知るまで知りませんでした。

 

なんでも便利なものには乗っていきましょう。

 

そして、また年を取りました。

 

ありがとうのコメントを頂いた方、ありがとうございました。

個人的な話なのですが、10月は大学生としてはありえないほど遊びきってしまったので、11月は地獄になりそうです。

 

というか、研究が完全に糞詰まりというか・・・。今悩んでるところで、難しいフェーズに突入しています。でもそれが研究ですよね。頑張りたいと思います。

 

ちなみに、今日は学園祭の前夜祭。美味しいコーヒーを入れる手助けをしていました。

久々にものすごいアクティブに動いたので疲れました。

 

さっさと寝たいと思います。

 

改めまして、ありがとうコメントを頂いた方、本当にありがとうございました。

カメラを持ってくるくせに特に掲載できる写真はありません()

僕とけものフレンズがーでん2

この記事が皆さんの目に触れている頃、多分けものフレンズがーでん2は幕を下ろしているんでしょうね。

 

今僕は音楽を聞きながら、日本シリーズを見つつ、テニスも見ながら記事を書いています。

 

スポーツ観戦は楽しいってそれ一番言われてるから

 

それはさておき、池袋で7月末から開催されていた、けものフレンズがーでん2に幕が下りました。

 

それについて少しだけ気持ちを述べさせてください。

 

1とは色味が大きく変わったと思います。

前回は大衆向け、今回はちょっとマニアのためのがーでんだったかもしれません。

 

正直、現状を述べますと、けものフレンズというコンテンツに全盛期ほどの盛り上がりがないのがありますよね。

 

それは、けものフレンズがーでんや運営が如何ともし難い問題でしょう。仕方ないですよ。

 

だから、個人的には前回のがーでんよりも思い入れが強いかもしれません。

 

なんでかって言えば「カメラ」を買ったから

 

そして、9月からは例の怪物レンズを購入して、撮影の喜びが尋常じゃないレベルに到達しました。とにかく庭での撮影が楽しくて・・・。

 

ところで、どうして一眼レフを購入したかと言えば、庭にいる某スタッフに

「やっぱりiPadより一眼レフだよね〜」って言いよったのが原因です。

 

でもそこから、撮影する喜びに芽生え、11ヶ月で1万2千ショット程度するやばい人になってしまいました。特にがーでんでも撮影は多かったですね。

 

それがとにかく楽しいし、最も大きいのはもっともっと撮影を重ねてきた大先輩から撮影テクニックを学ぶことが楽しいんですよ。

 

だから僕の中ではけものフレンズがーでん2はただのカメラ練習場と化していました。マジです。

 

つまり、がーでん1とは全く違う楽しみ方をしていたなぁと感じました。

 

カメラを機にさらに多くのフレンズさんと触れ合うことや、レイヤーさんを撮影することでさらにさらに交友が増えました。

 

だから僕の中でカメラとがーでんは切り離せないものです。

うーんつまり

 

がーでん2=カメラの練習場

 

だったのかもしれません笑

 

ちょっと雑な感じになってしまいましたが、また詳しくは今度述べることにしましょう。

 

ありがとう・・・。本当にけものフレンズがーでん大好きだよ・・・・。

 

皆様にお願いと知ってほしいこと

 

リアクションありがとうございます。

 

これも僕の写真の撮影技術の向上が フェネッさんが素晴らしいからですよね

 

ただ、どうしても知ってほしいことがあります。

 

 

色覚障害を持っています。

 

本当です。

 

さて、程度なのですが、この色覚障害を知ったのが高校生のときでした。

 

そうです。つまりそれまでは気が付かない程度のレベルではあるのです。

だから日常生活で大幅に困ることはありません。

信号機の色はわかるし(緊張して免許センターで色間違えたけど)

 

困ることといえば、焼き肉の焼き加減がわかりにくいっていつも言ってます。

だから少しこげが入る程度にいつも焼いてます。

 

正確に病院で診断書をもらったわけではありません。

一番有名なところでは「石原式色覚異常検査表」とかでしょうか、これで普通の方には見えるはずのものが僕には見えなかったり、色覚障害を持っている人特有で見えるものに見えたりするのです。画像を掲載するのは面倒くさいので、ぜひ各自で調べてみてください。

 

後、もう一つ言っておきたいのは

 

このレベルの色覚障害、

 

男性の20%は先天的に持っています!

 

だから、もし、色覚障害でも「そーなのかー」くらいのフェネックになってください。

特に知ったところでこれまでの生活で困ったことないと思いますよ。

 

 

でね。そんな色覚障害を持っているため、僕は今まで色塗りが伴う「絵かき」を断念してきました。そもそも線画が死んでるからどうしようもないけどね。

 

ただ、最近色に関するお仕事が・・・。

 

そうです

 

現像なんです。

 

本当にセンシティブに色を扱う領域に手を出してしまったなとは思っていますが、正直今カメラで撮影をすることに喜びを感じまくっている僕にとって後戻りなんてできるわけありません。

 

というわけで仕方ないのでこの色覚障害の目で現像を行ってきました。

 

一部の方には「僕色覚障害なんだ〜」とはよく言うのですがね。

 

昔、高校生のときに、医学部に行こうとしてる昔からの友人に

「色覚障害なのぉ〜これ色わかんないのぉwwwwwww」

 

ってすげぇ馬鹿にされたとき、僕は心の中でそいつとの絶交を決意しました。

「医学部の卵のくせに人の先天的な病をDisるなんてありえない。信じられない」

 

と思ったからですね。そんな彼は多分医学部5年生なんでしょうね。

 

というわけで、そんなにキレることはない僕ですが、色覚障害のことを馬鹿にされると怒りはしないと思いますが、多分後にそっとブロックすると思いますので、お話は構わないですのが馬鹿にだけはしないであげてください。よろしくお願いします。

 

それで最後にお願いです。

 

そんなわけで色覚障害持ちかつ、まだカメラマンになって1年経過していない未熟者です。いいねしてくださるのは本当にありがたいのですが、DMでもよろしいので、ぜひ「この写真、構図もっとこうだったらいいかも!」とか「色の感じ違う感じだなぁ、このコスプレを活かすならもっと色はこの色がいいと思う!」なんて言ってくれると死ぬほど参考にしますし、嬉しいです。特に被写体になってくれた方からの直接の意見は本当に参考になりますのでよろしくおねがいします。

 

ただ単純に「クソな写真だなカメラマンやめろお前」はやめてください。僕の豆腐メンタル壊れます。

 

以上です。うざくてごめんなさいね。でも成長のためにはたくさんのご意見が欲しい最近なのです。よろしくお願いしますね。

今の一般人カメラマンを苦しめる「明瞭度」について

連日カメラ記事です。

 

今日は加工の話。

 

最近研究室でもカメラのこと・・・。は考えず一応研究してますよ。

あんまり身を入れられていないのは事実だけど・・・。

 

タイトルの「明瞭度」ってなんぞやって話ですが、

まずは、スマホの写真加工アプリについて話をしましょう。

 

スマホの写真加工アプリ(特に顔面について加工してくれるアプリ)って僕たくさんは知らないのですが、この二大巨塔が主に見ますかね。

 

後はTiktokがありますが、それはまぁ別次元の話なので

 

 

B612 - いつもの毎日をもっと楽しく

B612 - いつもの毎日をもっと楽しく

  • SNOW INC.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

 

なんかこれの検索のサジェストで出てきたので、こんなやつもインスタグラムをされている方は使うのかな?見たことはありますね。

 

 

InstaMag - Photo Collage Maker

InstaMag - Photo Collage Maker

  • Fotoable, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

こういうアプリたちの加工の共通項が「明瞭度を下げる」なのです。他にもあるのかもしれませんが基本は明瞭度を下げて肌を白くさせるのが常套手段でしょう。

 

明瞭度って言われても難しいかもですが、明瞭ってのははっきりしてるってことですから、明瞭度を下げるってのは「ぼかす」ということです。

 

ぼかすことで顔のしみ、できものなどをぼかす感じでしょうかね。正直簡単に消えます。

 

だからこれに手を出すだけで綺麗な女性の写真が完成します。でもそれってカメラマンとしては「禁断の技」とか忌み嫌われています。

 

理由としては「加工してるぜ」感が露骨に出てしまっているからです。

一眼レフでのカメラ撮影では、なるべく加工してない風に見せるというのは大事なことです。

そして明瞭度でぼかしをかけてしまうと、一眼レフで表現されていたはずのスマホでは表現できないはっきりした写真が死んでしまうと言うと過激かもしれませんが、かなり個性がなくなってしまうのです。

 

だから、ポートレートコスプレイヤーの写真ではなるべくこの明瞭度に手を出してはいけないと一般的にはされています。一般的にはね。

 

ただ、世の中の流れってのもあるんですよね。

 

上記のようなスマホアプリで撮影してその写真をInstagramなどに掲載するわけですが、そういう写真は総じて加工がされているわけですから明瞭度が低い写真が並ぶわけです。

 

正直最近のiPhoneXSなどはカメラが強化されているとは言え、一眼レフどころかコンデジなどの撮影を専門とした機材には勝てないのは事実です。

 

でも一番女性(まぁ自撮りですか)を撮影してる機材って間違いなくiPhoneとかのスマホなんですよね。そして加工され、Instagramなどに出される。

 

そのような写真は素敵だし、そういう写真を見た他の女性が「綺麗だなぁ」と言ってさらに同様の写真を掲載していって・・・。と続くわけです。

 

つまり最近この世には明瞭度を小さくした写真がよしとされる世界になっているんじゃないかと思っているわけです。

 

だから我々素人ってか一般人のカメラマンとしては苦しいわけです。

 

「今の女性、というかこの方は明瞭度を低い写真を望むのかな?」

 

とか思ったりしながら撮影をしています。

 

別に女性のプライバシーを聞いてるわけじゃないから例えばポートレートなどではちゃんと相手方との相互理解が必要なわけですからこのことは必ず確認すべきなんでしょう。

 

明瞭度は繰り返しになりますが、それをいじるだけで簡単に綺麗な写真になってしまうので、カメラマンとしても手を抜きたいときは弄りたくなります笑

 

長くなりましたが、要約しましょう。

 

カメラマン(と言っても僕の意見)

明瞭度下げた女性画像はよしとしない→加工してる感がすごいから

 

でも世の中の女性たち(予想)

写真加工アプリによる明瞭度を下げた写真が皆さん大好きなのかもしれない。

だから我々に撮影された写真も明瞭度を下げた写真を望んでいる?

 

こんな感じです。

 

今度から撮影するときは必ず聞いてみたいし、逆にカメラマンさんにも聞いてみたい問題でもあります。

 

最後に

 

後はコスプレイヤーさんで気になるのは「ほくろ」の問題は結構気になったり。

これ、なかなか本人に聞きづらい話題なんですよね・・・。

まぁ年齢をダイレクトに聞いてるわけじゃないので・・・。でももしそれがコンプレックスとかだったら・・・。ねっ?

 

でも、ちゃんと相互でいい写真を作り合って満足する写真を作り上げるならば避けて通れないだろうから、はっきり聞くべきなんだろうと思います。

 

本日は以上です。

 

結局「カメラ」って機材が全てではなくてさ。

 

今回のブログとしてはこれだけです。

 

「8万のレンズ買っておいてなんじゃそりゃ」って思うかもしれませんが、そういうことじゃないのです。

 

つまり、フルサイズ金満おじさんとかは「お前所詮クソカメラじゃねぇかwwwwww」みたいなのが普通だと思ってました。僕はクソカメラだからね。

 

でも実際って全然違うんだなって昨日学んだわけです。

 

どれだけ機材があれだったとしてもちゃんと構図とか、ポートレートなら相手との意志疎通だけで素晴らしい写真が撮れるんだな。そういうのは純粋に勉強やただひたすら撮影する。そして撮影という行為を愛すること。それが大事なんだなって思いました。

 

そりゃ、なんか一部の界隈では金を文句を言わせていく残念な界隈もいるそうですが、どうやら僕のいま生息してる地帯にそんな人はだれもいなかったみたいです。

 

昨日僕は300万画素のコンデジの写真に感動していた。

 

そりゃ機材だっていくらか素晴らしい写真を撮影するファクターなのかもしれないけど、それがすべてじゃないってことを改めて実感しました。

 

だからって今家にあるコンデジ(1800万画素)持っていかないけどね。

 

つまり、それだけがとても身にしみています。丸一日以上染みてます。染みてるぅ

 

そして、こんなこと書いて僕の言葉

 

Nikon 200-500欲しい」

 

今までの話は・・・?

 

 

 

(でも機材がすべてじゃないから当面ボディ(D500)を買う予定は完全に消えましたけど超望遠レンズは欲しい)

 

(後一眼レフ持ってるとiPhoneXSとかへの魅力が死ぬ)