読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その気になるあなたへ

休学して、留年した大学生が綴る備忘録とか

世界三大レース

今、F1モナコGPの決勝のレコノサンスラップ(最終確認ラップのことです)を終え、21:00から決勝レーススタートです。

 

さて、タイトルの世界三大レースなのですが、今日、そのうちの2つが開催されます。

 

 

開催されるのはモナコGPインディ500です。それぞれ簡単に解説しましょう。

特徴的なのは、各々ドライバーに要求される能力が全く異なる点でしょう。

 

Formula 1 モナコグランプリ

今年で75回目の開催。モナコ公国の市街地で構成されたサーキットで地上最速のマシンと呼ばれるF1カーで駆るレースです。

 

このモナコグランプリはF1のレースでも最も大事なグランプリと呼ばれており、「モナコでの1勝は普通のレースの3勝に匹敵する」と呼ばれるほど重要です。(でも勝利しても貰えるポイントは通常レースと変わりませんが、価値が違うわけです。)

 

このモナコで最強だったのは間違いなくブラジルの英雄、アイルトン・セナだったと思います。1994年に事故死するまで1989年から1993年まで5連覇を果たしており、合わせて最多の6勝を飾っており、この記録はともに最長・最多です。

 

ドライバーに要求されるのは「針の穴を通すような繊細さ」が各コーナーで要求されます。とにかく通れる車幅が極端に他のサーキットに比較して狭く、一つのミスで即レース終了となってしまいます。

 

INDYCAR インディ500

今年で101回目の開催。アメリカモーターレーシングの聖地とも呼ばれるインディアナポリスオーバルサーキットをインディカーで駆るレースです。

 

距離は数字にあるように500マイルを走ります。オーバルサーキットを200周します。(804km)モナコGPは260kmですから、かなりの長距離になります。オーバルサーキットを常に320km/h以上で走るわけですから、カーブごとに体に尋常じゃないほどのGがかかるわけです。また、平均時速は世界で最も速いレースです。

 

こちらも、今年は本日開催ですが、注目は現役F1ドライバーでありながら、インディ500に参戦を決めた、スペインのフェルナンド・アロンソ、唯一の日本人ドライバーの佐藤琢磨選手が予選で上位につけ、期待が持たれています。

 

このインディ500で要求されるのは「凄まじいGに耐えうる肉体、度胸」でしょうか、

正直言うと、インディ500は生観戦をしたことがないので、詳しく言うことができませんが、200周、オーバルサーキットなので800回ものターン(カーブ)を320km/h超で走り続けるわけですから、凄まじい肉体と、度胸が必要でしょう。

 

おっ・・・。と・・・。モナコグランプリの決勝の時間です・・・。

 

ル・マン24時間レースについては後日にさせてください。ごめんなさい・・・。

 

自分の恥ずかしい話

目薬が上手に差せません

 

まさに、目薬を差すときは二階から目薬ってか・・・。(成功率は約33%です)

【ブックレビュー】不思議な数学の話

 

 

単刀直入に言います。この本、すっげぇ面白いです。

 

時間があったので、以前全部読んだのですが、再度半分位読んでみました。

 

すごい面白いです。色々なテーマに関する数学の問題が提示されそれが解説されているのですが、数学の知識としては高校数学程度あれば大丈夫です。

 

ただテーマごとに独立しているので、わからないものは「わっかんねぇ」って飛ばしていいと思います。

 

数学界で非常に有名な「モンティ・ホール問題」や「四色定理」などについても詳しく書いています。後、情報系では有名なのかは知りませんが「真の乱数発生装置とは」についても書いていて、個人的には非常に面白かったです。

 

他にはこんな問題が提示されています。答えは書きませんよ(笑)

 

  • マンホールがなぜ丸いのか?
  • 1年を365日としてある30人のクラスで同じ誕生日の2人がいる確率は?
  • ある立方体に開けた穴にその立方体より大きい立方体を通すことができるか?

 

などかな。

 

うーん、昨日の肩を痛めてからあまり頭が回っていません。

この本、数学好きなら絶対ハマリます。ブルーバックスなので、図書館にもあると思うのでぜひ。

 

さて、明日は1年に一番密度の濃いスポーツデーと言っても過言ではないでしょう。

 

INDY500決勝

F1モナコGP決勝

大相撲夏場所千秋楽

ローラン・ギャロスグランドスラム)初日

 

があります。目白押しって感じです。楽しみ・・・。

 

チン,チーンした話とその他と大事な報告

※下ネタではありません

 

今日、実家の電子レンジが逝去されました。

 

享年は詳しくは知りませんが平成元年産まれらしいので約29歳だったらしいです。

 

型番は日立のMRO-M561 調べてもなんにも出てきませんでした。

 

なんと僕の先輩電子レンジだったのです。

 

最後の加熱は

オーブン170℃ 7分間 でした。

 

しょうがないので、近々買いに行かないといけませんね。家電バカの僕が居る時でよかった。

 

今は父親が現場で使ってる電子レンジを急遽調達して使用しています。

 

まぁ・・・。それだけです。タイトルを工夫したつもりですが、完全にスベりましたね。

 

 

筑波大学では、やどかり祭が始まりましたね。

 

間違っても新入生で1人も多くすぐさま終わってしまう「マジック」にひっかからないように注意していただきたいですね。こういうフェスティバルを機会に彼女を作ろうとしてはいけません(戒め)

 

さらに、今日お昼寝をしていたら、後輩(15生)から罵られる夢を見ました。正夢じゃないことを心から祈るばかりです。起きたら左肩が半端なく痛くなりました。応理15生のせいですね。(最低)

 

最後に報告です。

 

6/23(Fri)につくばに一時戻ります。

 

つまり北海道を出るので

 

脱北します。

 

 

今日は

特に書きたいことがありません。

 

僕の過激な人生観だけ書きます。

 

この世に後悔や未練が亡くなったら誰にも迷惑をかけずに自殺してもいいと思っています。

 

だから今はやりたいこと(未練というのかは知らないけど)とかまだ後悔も沢山残っているので死ぬわけにはいかんのです。

 

多分ね、自分が病気で死ぬまで後悔や未練ってずっと持つと思うものだろうから多分自殺なんてしないと思います。

 

過激な話でした。

ボウリングの初期投資の話

どうしても今日書きたかったので書きました。

 

部活とかではなくて(まぁ部活もそうですが)やっぱりスポーツ始める時って一応自分の道具を使いたいので一式揃える必要があります。まぁ趣味でも同じですよね。

 

僕はハンドドリップコーヒーを趣味にしています。今実家ですが、ネスカフェのドルチェグストのコーヒーは不味くて飲めないってくらい美味しいコーヒーがかなり適当に抽出しても飲めるのでハンドドリップコーヒーは魅力的ですよ。

 

大体このハンドドリップコーヒーの初期投資は1万5千円あれば十分です。

その投資額の大半を占めるのはポッドです。繊細なお湯を投入するためにはやや高めのポッドでドリップしたいですからね。これが多少高くなります。

他には、ドリッパー、サーバー、ミル、フィルター。そんなところでしょうか?

 

ただ、コーヒー豆も定期的に買うとなると案外かかったりしますから、継続費として考えれば決して安くはないが普通レベルの値段がかかるって感じですか?

 

いやいや、コーヒーの話してないから、

 

正直スポーツは観戦はしますが、実際にやるタイプの人間ではないので、初期投資額がスポーツによってどんだけかかるのかわかりませんが。

 

一番安いかなって感じるのはダーツ。3千円あれば普通に使えるマイダーツ買えますし、近くのダーツボードがある店行くのがお金かかる!とか言うなら自宅にダーツボード買えばいいわけですからそれも対して高くはないので。

 

他はどうなんでしょう、筑波大は弓道もサークルは結構・・・。春霞でしたっけ?(間違ってたらごめんなさい!)初期投資とかかかりそうですが、さほど高くは感じなさそう・・・。それも間違ってたらごめんなさい。

 

逆にアーチェリーとかはかかりそうなイメージ。てか具体的な数値書いてねぇなダメ記事だこれは。

 

つまりで言うと、ボウリングの初期投資の話をしたいわけですよ、お兄さん。

 

ここで僕が知ってる限りの趣味の初期投資額を書いておきます。

  • ダーツ 5,000円あれば
  • パズドラ 月額5,000円(!?!?) ほんとは0円でも大丈夫
  • コーヒー 15,000円あれば
  • ポータブルオーディオ 60,000円あれば(可能性は無限大)
  • PS4でレーシングシミュ 75,000円あれば

 

適当に書いたなこれ。

 

ボウリングの初期投資について書きます。

  • マイボール

ピンキリです。最新のボールは高くても30,000円です。しかし発売されてから1年も経過してるボールならもう10,000円で買えてしまったりします。ボウリングのボールは毎月新しいボールが出るのでサイクルが高速で、旧式モデルは簡単に値段が落ちます。

 

しかも別に性能が悪いわけじゃないんですよ。不思議なもんですよね。

 

実は、プロボウラーなどは、最低でも二種類のボールを持っています。

  • 普通に曲がるボール
  • 曲がらないボール。一般的にスペアボールと呼ばれる。

最初のうちは、前者ボールだけで大丈夫です。後から曲がらないスペアボールを買えばいいと思います。でもスペアボールは高くても10,000円程度なので、後述しますボールケースなどに余裕があれば、買ってもいいのかもしれませんね。

 

  • ボールケース

マイボールをそれだけで持ち運ぶのは大変ですからそのためのケースは買う必要があるでしょう。将来的な事考えると、2個入って、タイヤが付いてるやつを購入したいところ・・・。ですねぇ・・・。そうなると、ここが高くなることがあります。

2個入りキャスター付きのやつを調べてみると、10,000~15,000円程度でした。

案外高いかな・・・?

 

  • マイシューズ

実はシューズはボウリングの命です。マイシューズが上手に機能してくれないと、ボウリングにならないんです。普段からボウリングしてる人に「マイシューズを使わないで投げてくれ」って言ったら「無理」って絶対言われます。なぜかと言われると、それは割愛しますが。絶対ムリです。

 

マイシューズも値段はピンキリ、大体4,000~25,000円までと幅広いです。

 

  • ボールを綺麗にする道具たち

マイボールは汚れても自分で綺麗にしないといけません。それを綺麗にするためには、汚れを拭くためのクリーナーと汚れを落とす洗剤のようなものを買う必要があります。

大体両方合わせて2,000円ですかね。高くても。ただし、消耗品です。

 

  • テープ

必需品としてはこれで最後かな。マイボールは自分の手の形にフィットするようにボールに穴が掘られてはいますが毎度多少の大きさなどの変更は必要となります。

 

そのために、ホール調整用テープテーピングテープが必要です。

 

ホール調整用テープはボールに貼るテープです。上に書いた時に使います。フィッティングテープなどとも呼ばれます。

 

テーピングテープは自分の手に貼るテープです。素手で投げ続けたりすると、擦り傷などになったりするのでそれを未然に防止するために必要です。

 

大体合計1,000円位でしょう。これも消耗品

 

  • その他

必需品はここまで、ここからは少しマイボールでボウリングを始めて必要と感じたら買うものです。

 

最も有名なものだと「リスタイ」です。よくカラフルなボールもったおじさまが手にしてるあのカッコいいやつですが、別にカッコつけたくて付けてるわけではないんですよあれ。簡単に言うと「手首を固定して安定した投球をするため」に付けています。

 

リスタイはメカみたいなすっごいごついやつから、小さなリスタイまで色々ありますが、まずは、素手で投げることをオススメします。

 

正直な話、これらを揃えるのは簡単なのですが、自分はどんなのを購入すればいいのかはボウリングをよくやる人とよく相談して購入しないと、最初は苦しいと思います。

 

もちろん僕も多少ボウリングを齧ってるのでオススメとかは語れますが、一番言いのは、多くのボウリング場にはショップがあって、その店員さんなどに相談して、色々話を重ねていくといいかもしれません。

 

整理しましょう。ボウリングの初期投資は以下のようになります。

  • マイボール 1球目 10,000~30,000円 2球目 4,000~10,000円
  • ボールケース 2球入りキャスター付き 10,000~16,000円
  • マイシューズ 4,000~26,000円
  • ボールを綺麗にする道具 2,000円(消耗品)
  • テープ 1,000円(消耗品)

最低合計金額 27,000円(ボールを1球だけ買った場合)

これが高いのか安いのかわからないけど、学生には少し割高かなと思いますね。でも消耗品は少ないですから、一度揃えてしまえば以後は基本的に消耗品+ボウリングプレー代だけですかね。

 

でもちょっと、高い・・・。

 でも、筑波大学の学生なら、筑波大学にはボウリングサークルがあります。

 (ツイッターの表示がうまくいってるのかわからない)

 

 

僕は休学中なのでマジの幽霊部員です。でもね一応宣伝しておきますね。

初期投資、高いですが、ここに入ると少し抑えることができる(かもしれない?)

でも僕とは異次元の経験者がいますので、道具の説明なども僕などと違いちゃんとしてくれると思います。

本当にボウリング上手になりたいなと思っているならぜひ一度活動に足を運んでいただきたいと思います。

 

別に、新入生だけではなく、2年生や3年生や4年生でも大丈夫です(4年は卒研やれ)ぜひ興味の有る方は、幽霊の私ではなくて、このツイッターアカウントにリプライやDMを送信してみてください。どうしても厳しいならこのブログにコメントでも大丈夫ですが・・・。なるべくやめて笑

 

以上です。それでは。

 

 

 

スコアアップするボウリングの話その2

 

coenscyanap.hatenablog.jp

 

前回は投げ方と1投目について少し長めに書きました。

 

今日は2投目について、手軽に説明しようと思います。

 

投げ方に関しては1投目と同じで大丈夫です。

問題は投げる時の立ち位置と投げる方向です。

 

とは言っても、2投目はピンの残り方によって狙い方が異なるので、普段ボウリングをさほどしない人はどのようにすれば全てのピンを倒すことができるかを瞬時に把握することは難しいと思います。そのため今回は普通の人はよく残すピンの残り方について簡単に説明したいと思います。

f:id:CoensCyanaP:20170524223459g:plain

ピンの配列は上の画像を参考にしてください。

1.7番ピン or 10番ピン

つまり端っこのピンです。

 

これは、例えば10番ピンが残った場合、

立ち位置は左のガター(溝)くらい、つまりなるべく左側ということです。

そして10番ピンへまっすぐ投げることです。

 

つまりレーンを斜めに横切るように投げることです。そのほうが、倒せる確率も上がりますし、右からまっすぐ投げた場合より意識が「ガターしないように左に投げなきゃ」という意識が低くなるはずだと思います。

 

7番ピンは上の説明の真逆の事をすればいいと思います。

 

2. 4,7,8番ピン or 6,9,10番ピン 以外残り

多分最初の投球で左右にブレてしまってこの3本だけ倒れて他が残るケースがあります。

 

この場合は簡単です。正しい1投目の投げ方、つまりストライクを狙いに行く意識でいいと思います。

 

また、1番ピンだけ残ることもあると思いますが、これも同様にストライクを狙いに行く意識でいいと思います。

 

3. 1,2,4,7番 or 1,3,6,10番ピン

つまり斜めに残るパターン、たまに、4,6番ピンは倒れて穴があくケースがありますが。

 

これは、それぞれ1,2,4,7番ピンなら1番の右に当ててドミノのように、

逆に、1,3,6,10番ピンの場合は1番の左に当ててドミノのように倒せばいいと思います。

 

正直そう簡単にはいかないとは思います。基本2投目もまっすぐ狙うところへ投げることが大事です(放任)

 

4.その他

他に残り方には様々ありますが、それはマイボールとか買って本格的に始める時に学び始めればいいことです。

 

基本方針としては、

  • 残りピンのうち、最も先頭に立っているピンを把握する。
  • その先頭のピンを必ず狙う。
  • そして他のピンはその先頭のピンを利用してドミノ形式で倒す or 先頭のピンを倒したボールで倒す
  • 結局はボウリングをよくわかってる人に倒し方を聞く(結局コレ)

 

てな感じです。

 

結局言いたかったのは、

 

端っこのピンはその逆側に経ってレーンを横切るように投げるのよ!!

 

ってことです。

 

で、次回(今日もう一個記事書こう)考えるのは、本気でそのスポーツを始めるためにかかる費用についてちょっと考えてみようと思います。