読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然書く自分の将来

「伝説のスピーチ」と呼ばれるものがあります。

それはこれまで数多くありますが、今回はApple社創業者の1人である故スティーブジョブズが2005年にスタンフォード大学の卒業式でおこなったスピーチです。

 

その内容はここでは掲載しませんが大きくわけて3つの話がされています。

 

その中でも僕が抜粋したいのはこの文章。

 

なぜなら、死は生命の最大の発明なのだから。死は古き者を消し去り、新しき者への道をつくる。ここでの「新しき者」は君たちのことです。
しかしそう遠くないうちに君たちも「古き者」となり消えてゆきます。
大袈裟ですみません、しかし紛れもない事実です。

あなたの時間は限られています。無駄に他人の人生を生きないこと。
ドグマに囚われないでください。それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません。他人の雑音で心の声がかき消されないようにしてください。そして最も大事ななのは自分の直感に従う勇気を持つことです。直感とはあなたの本当に求めることを分かっているものです。それ以外は二の次です。

 

 

もちろん英語でスピーチしているわけですから日本語訳すると少し意味が崩れるのかもしれませんが、それはさておき。

 

僕はまだ大学3年生で二十歳ですからここでいえば「新しき者」です。でも述べるように人は誰も「死」が待っているわけです。それまでに自分が直感に従いすべきことをせよとジョブズは言っているわけです。

 

小さい頃、小学生の頃はみな誰しもが現実的には見ればかなえられそうにもない夢を建築するものです。しかし現実を知り、高校生の頃には誰もが夢が小さくしぼんでしまうものです。

 

もちろん自分も例外ではなく、昔は「プロゴルファーになりたい」とか「東大生になりとか」頭の悪い夢があったのですが、中学を卒業をする頃には夢は何もありませんでした。

 

それは今振り返ればひどいもので「自分が理系か文系か」すらも全く決まっていませんでした。

 

そして一応地元では高めの進学校に入ってまず志望校を決めるときに正直自分の取柄は数学しかなかったし、あとは化学と物理が好きだったからとりあえず理系として高校生活を過ごして、東工大に入れなくて(志望だけしていた)今の大学にいるわけですが。

 

ここまではこれまでの人生の振り返りなんですが、

大学2年になって、これは比較的早いほうではあると思うんですが、3年の授業を効率的に取るためにも自分が将来何をしようかを真剣に考えるときが来たのです。

 

優柔不断な性格が災いしてなかなか決められない。でもそのとき。まさに直感が働いてこんなことを思い出した。

「僕が人生の最初に好きになった趣味ってなんだろうな」

 

その答えは紛れもなく「車」でした。今ではボウリングとかいろいろやっていますが、そういえば生まれてから初めて好きになったものは車と確信を持って言えました。(いやまぁ親は好きだったし感謝もしていますが)

 

もうここまで来ると将来の目標は簡単に建築できるものです。「自動車系の会社に入って、よりエコな自動車を作りたい」現代の車は燃費、エコの至上主義です。それはモーターレーシングの世界とて例外ではないわけです。

 

つまりまとめると「僕の人生で最初に好きになったものを愛し続けて死んでやろう」

と直感が働いたわけです。

 

新しい人のうちにやることをやって、そして古い人になって死んでいきたいなと思うわけです。

 

そういえば大学では残り3年と少し生活が残っていますが、何をしたいかといわれると、パワー半導体というまぁそういうやつの研究をしたいなとか思っていて今はそれに向けてお勉強しているという感じです。

 

そしてなんでこんなこと書いたかというと、来週の専門英語の授業で発表することになったので整理のためです。

 

あ~まとめたらかけそうな気がするwww

人狼ゲームに関する持論(過激な話)

こんばんは。

 

やっぱり更新3ヶ月しなかった・・・。

 

特にあったことはないんですが、無事に3年で学校に行ってます。

 

後最近HTMLとCSSが少し書けるようになったのでこれからHP作成とか、ここのブログをもっと美しく書けるようになりたいですね。

 

今日は「人狼ゲーム」について少し思ってることを。

発端はどこかの某アイドルが深夜にのんびりそのゲームをやっていたり、大学生などはよく行ってますよね。このゲーム。

 

まず、人狼ゲームって元々何なのかってわけでWikipediaで調べてみるとこのページが

汝は人狼なりや? - Wikipedia

 

簡単に要約すると、「アメリカの会社が2001年に出したパーティーゲームでそれが日本では『人狼ゲーム』とかって呼ばれたりする。」って感じです。

 

でも、2001年に出たけど、ここ数年までは正直日本では鳴かず飛ばずパーティーゲームだったんじゃないかなって思うんですが(まぁ知識も少ないマンなので本当はずっと流行ってたりして)

 

そもそも日本では2000年頭頃からパーティーゲームなんて文化がそもそもないのではないでしょうか。個人的にはタカラトミーから出ている『人生ゲーム』などは好きで物心がついたころには結構やってました。(あれは1人でやるのが楽しいんだよね。)

 

そんな人狼ゲームなのですが、基本的なルールなどは知ってる方も多いでしょうしここでは割愛しましょう。

 

では、そんなパーティーゲームである人狼ゲームが流行したのはどうしてなの?というわけで、明解な解答ではありませんが、個人的に大きな影響を与えたを思う2つの要因が

 

1.2013年に放送されたある2つの番組の影響が大きかった。

2.スマートフォンの普及に伴い、人狼ゲームが簡単に行えるアプリケーションが登場し、わざわざキットなどを買わなくても気軽に人狼ができる。

 

1についてですが、ある番組とは

人狼〜嘘つきは誰だ?〜 - Wikipedia(フジテレビ系列)

ジンロリアン〜人狼〜 - Wikipedia(TBS系列)

 

この両者のテレビ番組はともに2013年の春に放送されており、やはりテレビは見なくなったとは言いつつも影響力は大きく。現在ではあまり大きな声では言えませんが、YouTubeなどで違法アップロードされている動画などで見れてしまうなどが影響していて、このテレビ番組を見たことがある人も多いと思います。

番組名と違えど結局内容は人狼ゲームを芸能人がやるだけの番組です。

椅子にヒモが付いていて殺されると勢い良く引っ張られて消えるなどといった設備は良かったですが。

これを見ていると「面白そうだな、やってみたい」と思うのは普通の考えです。

 

続いて2ですが、ご存知の方も多いと思いますが、以下の様なアプリがiOSバイス向けでリリースされています。

人狼ゲーム

人狼ゲーム "牢獄の悪夢"

  • KAZUHISA SUZUKI
  • ゲーム
  • 無料

 

これで、iOSバイスを1機用意してこのアプリケーションをダウンロードして起動するだけで気軽に人狼ゲームが出来てしまうのです。

 

ダウンロードも無料ですから、そりゃ流行しますよね。

またインターネットでも人狼ゲームが出来るらしいです。正直時代ってすごい。

 

全然関係ないですが、ここ15年の我々を取り巻く変化ってやっぱりすごいですよね。

それを何故か「水曜どうでしょう」を見て思うわけなんですよね。

それを書くとやっぱり長くなるので割愛するんですが、

 

それで、流行したって話なんですが、例えばある1コミュニティーの1人だけで人狼を知っていたとしてこのコミュニティーで人狼をやって、「楽しいな」とか思った人がいてその人は絶対このアプリをダウンロードして「他の人ともやってみたいな」って思って他のコミュニティーで人狼ゲームを行うはずですよね。それがまた続いて・・・

ねずみ講なのかは知りませんが、そうなると思います。

 

 

それで前置きが長くなりましたが本題に入りますよ。ここから過激ですよ。

 

で、正直僕は人狼ゲームが「苦手」なわけですよ。

 

何度かやったことあるんですが、いつもすぐ殺されるし、あまりいい思い出ないですよね。嘘をつくのが苦手というか、口頭で相手を論破とか理解させるのが苦手なのかもしれませんし、すぐに言いたいことを思いつかないのも災いしていそう。

 

「そんなの自分勝手やろ!」「そんなんで記事書くな」そりゃそうなんですが、言いたいことは「僕が人狼苦手」なのは当然言いたかったのですが、大きな疑問が生じてきてどうしてもこの記事を書いたって感じです。

 

過激になると思いますが、深夜に書いたので許して下さい。

 

疑問:「どうして人を騙して相手を疑うような、人間関係の崩壊をも孕むかもしれないこのようなゲームが人気であり、皆楽しくプレイするのか」

 

わからないんですよねぇ。初めてやった時から。

 

人狼ゲームを見ているのは確かに楽しいんですが、やると急激に楽しくなっちゃうんですよね。それは上の疑問を持っているからだと思うし、人を欺くのが苦手だし嫌いなのはあると思っています。

 

「なんで見るのはいいんだよ!」っていう人いると思いますが。

僕は以前に放送されていたドラマ「ライアーゲーム」は大好きで、たくさん、よく見ていました。

だからってライアーゲームやりたいですか?って言われたら、あれはフィクションの世界でお金がかかっているから厳しさの度合いも違うからなんとも言えないけど、ゲーム自体あまりやりたいって思わないですね。結局あれも欺くゲームだから。

 

よく「相手を幸せにする嘘」とか言ったりしますが、確かにそれもよくわかるからよけいに「人狼ゲームの嘘は誰も幸せにしないし、まぁ最終的にゲームですから無益」って言うのが正しいですよね。

 

無益だったら嘘をついていいのか?どうなんでしょうね?それは難しい問題だと思います。

 

ゴタゴタ書きましたが整理すると

  • 人を欺くのは苦手だし嫌いだから人狼ゲームはやってて楽しくない

  • でも第三者目線で見てるのは自分が欺いたりしないから楽しい

  • 過激に書くと「人狼ゲームをやって何が楽しいかがわからない」

 

こんなところです。最後が言いたいことです。

別に人狼ゲームを楽しいと思っている方を否定しているわけではないです。

よくこういうことは様々な場面で思っていて「どうして〜なの」って思うことが多いタイプの人間で、「必ず理由を求めたがる理系の典型」みたいで、非常に良くないと思って入るのですが、性分なので治りそうにもないので許してください。

 

僕の中で「もしかしたからこれかも」というのが2つだけあります。

 

  • この人狼ゲームで得られる楽しさを僕だけがただ単に楽しいと感じ取れない

  • このゲームをやることによって得られる「利益」を追求しすぎていて、それが「人を欺く能力」という一見ネガティブな利益と考えていて、そうなると「そんなゲームはやっても意味がないだろう」と勝手に見切りをつけてしまっている。

 

1つ目はただの心理の話ですし、僕は変人なので可能性があると思いますが。

2つ目はこれも理系というか研究者の卵としてもダメな性なのかもしれません。

研究者やエンジニアは日々様々を試行を行ってより良いものを求めます。

それが強すぎるのかもしれません。改めないと行けない精神なのかもしれないですね。

何かをやる→じゃあ何か利益、結果が出てくれ という感じですか。

 

長くなりましたが、僕に説明出来る方がいたら

  • あなたの考える人狼ゲームをプレイする楽しさってなんですか?こんな僕の疑問に一石を投じていただければ嬉しいです。

同情意見でもいいですから・・・・

 

 

【近況】コーヒーの科学

 

 こんにちは、お久しぶりです。誰が「春休みを充実するためにブログをやればいい」とか言ってブログ始めたんでしょうね。

 

昨日の夜までKindleで上記に載せました”コーヒーの科学”という本を読んでいました。

著者の旦部先生は本文中で「なるべく書く内容を濃縮」した旨が書かれていたのですが、普段全く本を読まなすぎる自分からすると、めちゃくちゃな量でした。

 

でもコーヒーはとても好きなので、二週間程度かけて読みきりました。

 

本のレビューなんて書くこと本当に初めてレベルでないので失礼のないように簡単に僕の感想を数点で書くと

 

  • 内容はブルーバックスから出版された本だけあり、高校の化学、基本的な物理と生物の知識がないと読破は厳しい
  • ただしそれが前提として理解されているならばコーヒーに関して「これってなんでこうなのかな?」という疑問の多くが解決できるかも
  • また最終章ではコーヒーが我々の人体にどのような影響を及ぼすかを善悪両面から議論されており、また普段テレビなどで言われる言い回しなどは文法的におかしいなど、少し違った点でも個人的には勉強になった。
  • 以上まとめると→理系でコーヒーを日常的に淹れて飲む人は必ず読むべきと言っても間違いではない良作

こんな感じです。補足としては2点目

もちろん現在、コーヒーについての科学的なメスが入っているのは事実ですが、全てのことが解決はされていないこと。しかしこの本はそのことをスルーすることなく、必ず触れておき、「未だ解明されていない」や「現在の最先端の論文からの引用で期待がもてる」などと記載されており、読みきった後にもやもやは生じないであろうと思う。

 

強調しておきたいのは、

この本は普段からコーヒーを淹れて飲むような理系の人向けに書かれた本であり、全くコーヒーを知らなくて、取りあえずコーヒーってどんなものなのかな?と思って読む本ではない。そのような人はまず、コーヒー大全みたいな少し厚めの資料集みたいな本を一度読むことを薦める。

なんかこんなこと書いたら読む人減っちゃいそうだけど、僕はそう思いました。

ちなみにコーヒーの資料集ってこんなやつ

 

 

珈琲完全バイブル

珈琲完全バイブル

 

 

 

珈琲のすべて

珈琲のすべて

 

 僕は両者持っていて軽く読んでいます。画像付きで最初の方にも読みやすいと思いますよ。

 

ちょっと僕が普段やっているドリップコーヒーの話は今度するとして(するかどうかわかりませんが)

 

レビューはこんなところです。なんだかんだ言ってしまいましたがとても素晴らしい本でした。ありがとうございました。

実質試験終了

終わったぞ・・・・。

(まだ解析力学と実験レポートがあります)

 

 

激怒した話

こんばんは。タイトルは激怒案件ですが、僕はよく人を激怒させるほうなのですが、

 

久々に悲しくて激怒した事態が発生したので軽く紹介しますね。

 

簡単に言うと、

応用理工学類の授業(応用理工学情報処理)で課題がわからないからってその授業中にYahoo!知恵袋で聞いてる人がいた。

です。

 

悲しかったのは

 

「応用理工学類にそんな学生さん(しかもその授業中に投稿してるのを見るとその授業を受講している40名程度の中に確実にいる)がいるという事実」

 

には大変悲しくなりました。それと同時に

 

「わからないからなんにもしないで他人の解答を待ってそれをおそらくほとんど確認もしないでコピペして終わらせようとする授業に対する受け身より酷い姿勢」

 

なので大変激怒しました。本当に見た時は真顔にならざるを得なかったですね。

 

先生への告発は考えておりませんが。本当にがっかりしましたね。

 

先日の筑波大学で学類ごとに行われる「クラス連絡会」で丁度「学生さんの授業を受ける姿勢、態度」について丁度議論をしたばかりでこれが来たのは大きかったですね。

 

ちなみにその質問への解答は来ていません。質問文では解答を作成できる状態ではないのと、Yahoo!知恵袋でプログラミング系統の質問をしたとき

 

解答が来る質問→

こういうことをしたくてこんなコード作成したのですが、どこが誤ってますか?などといった、自分がとりあえず努力したが、わからないときにした質問

 

解答が来なくて、来たとしても「甘えるな」という解答が来る質問→

問題文だけ提示して、自分の努力が全く見られない質問

 

当たり前ですよね。

 

甘えですよ。甘え。そんな話だけです。

ちなみにですけど、僕はそのYahoo!知恵袋で質問されている、

その授業の期末課題に関しては先程全部処理しました。

ちゃんとやれば不可能じゃないんですよ。

 

つまり言いたいこと。(自分にも)

あなたの授業態度、どうですか?

 

(というかYahoo!知恵袋でプログラミングについての質問を行うって一般的にはどうなのでしょう?ご存知の方いらっしゃいましたら何らかの手段で教えていただきたいです。)

 

 

 

なんか書く

春休みを充実するためには

「毎日ブログでなんか書くこと心がけて生活したら春休み充実するやろ」

 

というなんとも安易な感じで。

 

ブログはこれで3つめ。過去の話は後日するとして

 

予定としては

・日常(僕の日常)

・日常(アニメ)

・勉強(主に超理系ネタ)

・クイズ

・ボウリング

・春休みの学習ネタ

 

などを適当に書ければいいのよ。

 

早速ですが、今週来週はテストに向けてのオベンキョしなきゃなのでとりあえず

頑張るのです。はい。