けものフレンズに支えられる適応障害の大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

エロマンガ先生と下ネタアニメ

元気です。

 

最近Twitter夜フクロウというアプリで見ています。macOSで使えるアプリなんですけどね。

 

 

ツイ廃御用達の「TweetDeck」は複数のカラムで同時にツイートを「監視」することができるのでよいのですが、当然重たいので、今実家で使用してるMacBook Air(Mid 2013)程度の能力では動きが鈍いのでできれば使用を回避したいわけです。

 

後「監視」というより、軽くタイムラインをみたいなって時に「ちょっとアプリを起動してすぐ閉じる」なんてときも夜フクロウはスイスイなので、便利です。

 

最後に、本当に見たい人のツイートは鍵のリストで見ればいいってことにTwitter初めて5年でやっと気がついたのです。

 

本題は

 

最近Amazonのプライムビデオでこのアニメをイッキ見しました。

 

 

 

プライムビデオは本当に優秀ですよ。だって学生なら年会費2000円くらいだっけ?それくらいでアニメだの、映画だの、Amazonオリジナルの映像など見放題ですからね。

 

その中にエロマンガ先生も入っています。

 

タイトルで「クソエロい絵をこの可愛い子が描くクソエロいアニメ」だと思ったんですが、まぁ正しいのですが、序盤2話くらい見ると本当にただエロいアニメなのか・・・。って思ったのですが、

 

1話の概要だけ話すと、ラノベ作家の和泉正宗は絵を担当してもらった「エロマンガ先生」の正体が自分の家の二階で引きこもりを続ける義理の妹紗霧と知ります。そこから展開される、エロマンガ先生に絵を書いてもらうバトルだの、最強のラノベ作家とのバトルだのがあります。

 

3話位からはかなりストーリーがしっかりしてきます。そして、8話で一通り話は解決して9話からボーナスステージに入ります。わかりますよねこの感じ。深夜アニメってのはたまに「最終話の最終場面でラスボスみたいのを倒すわけではなくてその前に倒して残りはアフターストーリーみたいなハッピーエンド展開」になるの。

それを勝手に自分は「ボーナスステージ」と表現しているだけです。

 

けものフレンズもそうですよね。12話の後半はボーナスステージです。

 

だから9話10話をのほほん気分で見てました。特に10話は面白かった。

 

そんな気分で11話見るとただの感動物語になってギャップに衝撃を受けます。

実際では天文学的確率で起こるような話で、架空だからあり得るって感じなのですが、それが明らかでも感動できます。まさかタイトルが「エロマンガ先生」なのに泣けるってどういうことだ・・・。

 

12話(最終話)は本当に本当のボーナスステージです。ひたすらにエロいです。エロい。

エロマンガ先生がR-18のエロマンガを描くとどうなるかなどの話で面白い。

10話と同じく面白いです。

11話は異質すぎて泣けるのでなんか見れない(でもいい話)

 

こんな感じなのですが、総括すると「逆に裏切られたアニメ」でした。ただ単にエロいアニメじゃないのがイイ。100点満点普通にあげたいようなアニメです。

 

ところで、僕は、R-18の様なガチエロは苦手なのです。だからR-18とかの創作物とか見ると拒否反応示したりします。というか創作系は沼だと思うし、コミケ行きたくなるから自分から逃げる方向に走ってます笑でもそういう世界があるのはいいと思っていますよ。

 

でも、深夜アニメの「ちょいエロ」な感じは大好きです。

 

例えば、下ネタという概念が存在しない退屈な世界」(通称下セカ)とか「生徒会役員共」とか

 

今すぐに思いつくのがこれくらいしかないのですが、他にオススメのちょいエロアニメあったら教えてください。

 

これらのアニメに共通するのは

 

主人公の男はエロいこと言わないツッコミ役

主人公の男がクッソみたいに周囲の女性からモテる

主人公の男はいい場面でいいコトしか言わない

 

ですよね。つまり、主人公の男像は確立されているということですかね。

 

エロマンガ先生もこれに当てはまります。和泉クンモテすぎィ!!

 

ちなみに、この3アニメをエロ指数で並べると

 

下セカ>>(超えられない壁)>>生徒会役員共>>>エロマンガ先生

 

です。エロマンガ先生、タイトルの割に全然エロくないです。2話でゆかりんが「ちんちん」って言う時に愕然としますが、以後全然下ネタ要素もないですし。

 

下セカは僕も追走できないエロ知識が出てくるので怖い・・・。

 

というわけで、やっぱりまとまりがないんですが、

ネタアニメには共通項があるよって話と、

エロマンガ先生はタイトルはアレですが、面白いので是非見てくださいって話です。

 

あっ、後誰か「エロアニメ(あんまり度数高くないやつ)」ご存知だったら教えてください。

 

 

 

 

 

自分がうつになって(ツイートをまとめて備忘録)

 

コイツ変態だなって思うだろうけど、事実だし、まぁ確かに「そんなこと言わなくてもいいじゃんって思うかもしんないけど、備忘録ってことなので。

「こんな本を高校二年生で読みたかった」(ブックレビュー)

 

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

 

 

この本は有名な本だと思います。僕はこの本を2014年の4月。そう、僕が大学に入学した時に買ったのです。

 

そして今この本について感想を書くということは

 

積読してたってことです。

 

まだ「本を読む」習慣が皆無だった自分にとってこの本の厚さは絶望的だし、字は小せえし、当時では「なんで買ったんだ俺は」って思いましたね。

 

確か他の大学に行った物理好きな友達が「読破して最高の本だった」とかTwitterに書いていて、それを見て「大学で物理をやるんだから読んでおきたい」とか思って買ったんだと思います。

 

本の概要

この本は、MIT教授のウォルター・ルーウィン教授の「初学者への物理の教科書」と言いましょうか、筑波大学で言えば「総合科目で文系の人に教えるような物理」を教えてくれます。

 

だから、例えば「こんな状況に運動方程式を適用して・・・。」とかそういう解説じゃないんですね。

 

「身近にはこんな物理が適用出来る場面があって、物理ってこんな面白いんだよ!」って教えてくれるような本です。

 

ここで、タイトルに有るように僕はこの本を半分位読んだ時

 

「こんな本、高校二年生の時に読みたかった」

 

って思いました。高校二年生は高校物理の勉強を本格的に開始した時です。

 

幸運なことに、自分は

「式を暗記してそれを武器のように振り回すような物理」は習いませんでした。

 

「全ては運動方程式から始まり、それを式変形して力学を見たり、電磁気学ではビオ・サバールの法則、アンペールの法則、マクスウェルの方程式を教えてもらったり」しました。

 

正直内容は難しくて高校生のひ弱な脳では理解はできなかった。だから東工大にも入れなかった笑

 

しかし、この勉強が大学生になって開花したと思います。大学の力学、電磁気学は案外苦労せず勉強することが出来たような気がします。

 

でも、高校生の時、物理をやってて苦しかったですね。数学は楽しかったけど。

 

数学、化学はひたすら問題集を解いて笑っていたのですが(気持ち悪い)

物理はそうはならなかった。正直莫大な時間をかけたつもりだったのですが、どうもマスターしきることが出来ませんでしたね。問題を解いていても面白さはそこまで感じることが出来ませんでした。

 

でも、このような「物理ってこんなに楽しいのよ!」みたいな本を一冊でも出会えていれば・・・。とたらればを言いたくなるような本でしたね。

 

私の話が長くなりましたが、つまりはこの本は

 

物理の美しさ、身近にある物理を教えてくれる本です。たまに教授が体を張って実験したりします。その実験が日本ではコンプライアンス的にアウトな実験もあります笑

それが面白い本です。ちなみにルーウィン教授が体を張ってやった実験の動画は公開されています。面倒くさいのでリンクは貼りませんが、是非この本を読んで見てみると良いかもしれません。

 

ただ、この本を5つ星で評価するなら4つ星です。

 

改善して欲しい・この本の難しいところは

 

i ) あまりに文字の羅列が多すぎてイメージするのが困難すぎる。

ii ) つまりはもう少し画像を用意して欲しかった。

iii ) 終盤はルーウィン教授の専門性が高すぎるので、正直つまらなさがある。

 

です。でも、それ以外ではよかったんです。

 

是非、「物理っておもんな」って思ってる大学生・・・。は筑波大学には少ないかもしれませんが、少しでも「物理」の見方が変われば面白いかもしれません。

 

余談

けものフレンズ 2期 

 

ヽ(´ー`)ノバンザーイ

ヽ(´ー`)ノバンザーイ

ヽ(´ー`)ノバンザーイ

 

 

 

 

F1 2017に登場するクラシックカーたち


F1 2017 Classic Car Reveal - McLaren [UK]

 

F1 2017公式チャンネル(日本語はなし)が不定期でゲームF1 2017に登場する12台のクラシックカーがついに出揃いました。最後の発表はマクラーレンからでした。

ほぼ全車、ドライバーズチャンピオンを獲得したマシンです。

 

発表順に

2010 Red Bull Racing RB6

f:id:CoensCyanaP:20170721221429p:plain

 

空力の天才、エイドリアン・ニューウェイの傑作。実はこの昨年のRB5という車両からニューウェイの空力の天才ぶりは発揮されていたのですが、2009年はマルチディフューザーが猛威をふるい、新参コンストラクターブラウンGP(ドライバーはジェイソン・バトン)がドライバーズチャンピオンを獲得したため、あまり注目されませんでしたが、Red Bullの躍進は昨年から目に見えてようなものでした。そしてこのRB6とセバスチャン・ベッテルのコンビがRed Bullを初のタイトル獲得へと導いたのでした。

優勝ドライバー:セバスチャン・ベッテル

ドライバー:マーク・ウェバー

 

1995 Ferrari 412 T2

f:id:CoensCyanaP:20170721221833p:plain今回搭載されたマシンの中で唯一タイトルを取っていない車両。

しかしこのマシンと深い関連があるのは「ジャン・アレジ」でしょう。

ジャン・アレジはF1のややオールドファンならご存知かと思います。

天才などと呼ばれ、多くの強いチームに呼ばれながら1995年までレースの優勝0という悲しい結果でした。1995年も同様優勝することができず第6戦カナダグランプリを迎えました。このグランプリの前に日本人の後藤久美子さんと挙式をあげ(未だに結婚状態にはなっていないはず)その祝砲として優勝が欲しい。しかしながら、当時最速であったベネトンミハエル・シューマッハーが独走します。しかしながら、2位で追随を続け、終盤シューマッハーのマシンはトラブルで停止し、ついに優勝がジャン・アレジの手に入ったのです。しかし、その後ジャン・アレジは優勝することなく生涯この一勝のみでF1ドライバーとしての生活を終えました。

 

ドライバー:ジャン・アレジ

ドライバー:ゲルハルト・ベルガー

 

2002 Ferrari F2002

f:id:CoensCyanaP:20170721222535p:plainなんか前の2つの車両の話が長くなったのでここからは簡潔に(行ける限り)

 

一昨年2000年、そして2001年と2年連続でドライバーズチャンピオンとコンストラクターチャンピオン(3年連続)のWタイトルを獲得したFerrariが2002年に発表した最新作。

 

チャンピオンチームとしての威厳を示すかのようにこの年もこのマシンでミハエル・シューマッハーはドライバーズチャンピオン3連覇を達成しました。

 

もちろん、コンストラクターズチャンピオンも獲得し、4連覇を達成しました。

 

優勝ドライバー:ミハエル・シューマッハ

ドライバー:ルーベンス・バリチェロ

 

2004 Ferrari F2004

f:id:CoensCyanaP:20170721222959p:plain

 

2003年、Ferrariマクラーレンメルセデスキミ・ライコネンに苦戦しながらもWタイトルの連続獲得年数を更新します。

 

そんな中2004年に発表したF2004は前年の混線模様から一気に抜け出し、2002年以来の独走の優勝を果たしたマシンです。

 

優勝ドライバー:ミハエル・シューマッハ

ドライバー:ルーベンス・バリチェロ

 

2007 Ferrari F2007

f:id:CoensCyanaP:20170721223131p:plain

2006年。Renaultに2年連続のWタイトルを譲り、ミハエル・シューマッハーはドライバーを引退(2010年メルセデスから再復活)し、新体制となった2007年。

 

シーズン当初はマクラーレンメルセデスのマシンが強力。さらには史上最強の新人ドライバーと呼ばれたルイス・ハミルトンなどもあり、前半は一時劣勢に追い込まれます。

 

しかし、マクラーレンルイス・ハミルトンフェルナンド・アロンソの確執問題などから中盤以降Ferrariが躍進し、近年まれに見る4人にドライバーズチャンピオンの可能性を残し、最終戦ブラジルグランプリを迎え、最終的にフィンランドキミ・ライコネンが初のタイトルを獲得しました。

 

優勝ドライバー:キミ・ライコネン

ドライバー:フェリペ・マッサ

 

1992 Williams FW14B

f:id:CoensCyanaP:20170721223538p:plain

 

1991年まで、マクラーレン・ホンダの後塵を拝していた、ウィリアムズ。そんなウィリアムズが1992年にリリースしたのがFW14Bです。正直この時代のF1は詳しくないのであまり多くは語ることができないのですが、このマシンはコンピュータコントロールだらけのマシンというイメージがあります。現在は禁止されているアクティブサスペンションなどで他車に差をつけ、ナイジェル・マンセルがドライバーズチャンピオンを獲得しました。

 

優勝ドライバー:ナイジェル・マンセル

ドライバー:リカルド・パトレーゼ

 

1996 ウィリアムズ FW18

f:id:CoensCyanaP:20170721223949p:plain

 

1994年、1995年とベネトンミハエル・シューマッハーの前にWタイトルを許した王者ウィリアムズ。そんなウィリアムズが1996年にリリースしたマシン。

この年にミハエル・シューマッハーはFerrariに移籍し、Ferrariチームの立て直しを行いはじめました。そのためこの年は他のチームに対抗する能力は持てず、

ベネトンの勢いは弱体化し、2年間シューマッハーと争っていたデイモン・ヒルは初のドライバーズチャンピオンを獲得しました。

 

優勝ドライバー:デイモン・ヒル

ドライバー:ジャック・ビルヌーブ

 

2006 Renault R26

f:id:CoensCyanaP:20170721224354p:plain

前年2005年、2000年代前半のFerrari天下をついに止め、初のタイトルを獲得したのが、このマシンの前作のRenault R25でした。そのマシンを改良したのが、R26です。

 

このマシンと前年チャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソの才能が見事にマッチし、当時引退を表明していたFerrariミハエル・シューマッハーに勝ち2年連続のドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンを獲得しました。

 

優勝ドライバー:フェルナンド・アロンソ

ドライバー:ジャンカルロ・フィジケラ

 

1988 マクラーレン MP4/4

f:id:CoensCyanaP:20170721224714p:plain

1988年、俗に言う「セナプロ」が16戦15勝を果たしたマシンです。

このマシンでアイルトン・セナは初のドライバーズチャンピオンを獲得しました。

 

ところで、なにか画像を見て淋しいなと思ったのですが、タバコ広告が消えている(このマシンの場合Marlboro)ので寂しさがあるんですね。でもしょうがないよね。

優勝ドライバー:アイルトン・セナ

ドライバー:アラン・プロスト

 

1991 マクラーレン MP4/6

f:id:CoensCyanaP:20170721225016p:plain1990年のアイルトン・セナアラン・プロストのチーム内確執により、アラン・プロストFerrariに移籍という形で「セナプロ」はチームからライバルへと変化します。

 

そんな中1988年から最強を誇っていたマクラーレン・ホンダのマシンの強さは健在で、1991年もアイルトン・セナとMP4/6でドライバーズチャンピオンとコンストラクターチャンピオンのWタイトルを獲得しました。

 

優勝ドライバー:アイルトン・セナ

ドライバー:ゲルハルト・ベルガー

 

1998 マクラーレン MP4-13

f:id:CoensCyanaP:20170721225329p:plain個人的に今回収録されたマシンの中で最も好きなマシン。1992年以降ウィリアムズやベネトンの台頭以降エンジンをホンダからメルセデスに切り替えてもなかなか優勝に絡むことができずにいました、

そんな中1998年にリリースしたのがこのMP4-13です。このマシンは初戦オーストラリア・グランプリでチームのピットインミスがありながら、全車を周回遅れにしてしまうという大勝を果たします。しかし次戦のブラジルグランプリからは他チームからの物言いにより、この大勝の要因とされた、「ブレーキステアリングシステム」を合法ながらなんの文句も言わず取り外しました。しかしこのマシンは強かった。あっさりブラジルグランプリの大勝とは言えませんでしたが、優勝を果たしました。

 

以降は信頼性の問題などもありましたが、Ferrariミハエル・シューマッハーの対決を制し、ミカ・ハッキネンが初のドライバーズチャンピオンを獲得しました。

 

このマクラーレン v Ferrariの対決構図は2000年まで続きますが、個人的には「F1史上最もアツい闘い」と思っています。

 

優勝ドライバー:ミカ・ハッキネン

ドライバー:デビット・クルサード

 

2008 マクラーレン MP4-23

f:id:CoensCyanaP:20170721225949p:plain

このマシンがリリースされる前年、2007年は新人ドライバーのルイス・ハミルトンがルーキー史上最高の活躍をし、本来1stドライバーであったフェルナンド・アロンソのポジションを脅かし、チーム内確執を生んでしまいました。結果タイトルはフェラーリに譲る形となってしまいました。その後フェルナンド・アロンソは古巣Renaultへ戻り、エースドライバーとなったルイス・ハミルトンとこのマシンMP4-23がマッチし、昨年同様Ferrariとの対決が最終戦のブラジルグランプリまで続き、最終ラップまで優勝争いが続くという史上最高の大接戦を制し、ルイス・ハミルトンがドライバーズチャンピオンを獲得しました(コンストラクターズタイトルはFerrari

 

以上、12台がクラシックカーとして登場します。ね?ファンにとっては激アツなのはお分かりになったと思います。というかここまで読む人はファンしかいませんよね笑

 

 

 

野獣先輩は抗うつ剤の代わりになるか?

 

気分次第で書くことにします。というか実家で無限暇だったので書くこと書きまくったのですが、今はかなり書いてしまったので、ネタ切れで「うー何書こうかな」って思って書いてる状態なので、そんなブログは書いてて面白くないので思いついたら書こうと思います。なんかアレみたいな形してますね。エロいッ。

 

今日は思いついたので書くゾ〜

 

タイトルはアンドロイドは電気羊の夢を見るか?」から

 

僕がうつ病だった時の2016/12月~2017/03月頃の約114514分くらいの間、暇過ぎたので、ずーっとニコニコ動画

 

淫夢動画

 

ばかり見ていました。わからない人のために淫夢動画を説明・・・。なんて要らないよなぁ?

 

当然汚すぎる「ほんへ」ではなく、「BB劇場」や「BB素材動画」がメイン。

 

この類の動画ばっかり見てると「日本はホモビデオで廻ってるんじゃないのかぁ」と思うように(ならないです)

 

4月以降は元気になったので、「けものフレンズの創作動画等」が増えたのであまり淫夢動画は見なくなったなぁ・・・。

 

ところで本題は、

「野獣先輩は抗うつ薬の代わりになるか?」なのでここから本題

 

「モザイクを貫通する男」、「似た声が発見されるだけでランキング1位を取る男」、「4色で表現できる男」、「顔面土砂崩れ」、「淫夢ファミリー最高戦力」などの素晴らしいあだ名がつけられた野獣先輩ですが、こちらの動画の0:13〜0:16をご覧いただこう。

 

 

「見る精神安定剤

 

「処方箋のいらない抗うつ剤

 

などと言った「ヒトなのに効能を発揮するという」素晴らしい呼び名をつけられている野獣先輩であるが、このことが本当なのかを確かめることができるのは当然

 

うつ病淫夢

 

のみなのである。当然114514810人いるとされる淫夢厨ではあるが、その中でのうつ病であり、現在回復するまでに至った者は約810人程度である。

 

その中の1人となり、まだ記憶が鮮明な自分が可能な限りわかりにくく雑に

抗うつ剤「野獣先輩」の効果を紹介しよう。

 

ホモはせっかちなので、まずさっさと結論から述べてしまったほうがいいだろう。

 

結論

 

効果はあるが非常に持続性がない

 

と判断した。うつ病である期間、自分はほぼ笑うことはできなかった。野獣先輩の顔より見た親との会話もちぐはぐであり、テレビ番組を見ても面白い場面があっても全く笑うことはなかった。(ここまでの適当具合で本当かと疑うホモがいそうであるが、本当である。)

 

しかし、唯一の拠り所は「野獣先輩」であった。

 

心が沈んだときや、嫌なことを思ったとき、予期不安になり辛くなった時。

こんな時、私を笑わせて助けてくれたのは他でもない、「野獣先輩」だったのだ。

 

特に、私のうつ病の期間中、非常に効果のあった動画を挙げる。

特にうつ病の期間中にアップロードされた新しい動画を中心にとりあげる。

 

他に、数年前にアップロードされた強力な作品にも私は救済されたことは言うまでもないだろう。

 

なお、純粋に「面白い」=「抗うつとしての効果が高い」と判断してもらって構わない。

2017年のトレンドである。流行顔大賞はほぼ決定的であろう。2017年は目力先輩の年と言っても良いのではないだろうか、またこの製作者の「ミネソタ・ファッツ」兄貴による派生タイトル「目力先輩シリーズ」は非常に完成度が高く、幾度も私を笑わせてくれた。

しかし、2016年は年末にコイツが全てをかっさらっていったので、2017年も今後とんでもないBBが爆誕するのではないだろうかと怯えることは(ないです)。

 

2016年末は空前絶後の「新宝島」旋風が押し寄せ、当然うつ病の私も多くの派生タイトルに救われたのは言うまでもない。

 

野獣先輩〇〇説シリーズで近年で一番おもしろかったのはこの作品。

「コンギョ」、「ドカベン」、」「ガルパン」などが入っており非常に笑わせて貰った。

 

 

最初に紹介した「呼び名シリーズ」の原点作品である。どんだけ呼び名あるんだよこいつ。

 

とまぁ、これらの多くの動画によって私のメンタルは多少なりとも良い方向になったかもしれない。

 

しかし、野獣先輩には問題がある。

 

持続性がほぼ0

 

である。動画を見てる間しか効果が発揮されず、動画が終了すればこの抗うつ効果は消滅し、再びメンタルは崩壊してしまう。つまり、24時間365日野獣先輩を見ていないと効果は得られないと言って良いと思う。

 

これ、ただの覚醒剤なのではないだろうか

 

メンタル崩壊→「野獣先輩の動画を見る」→一時的安定→再度メンタル崩壊

→「野獣先輩の動画を見る」→・・・・

 

つまり、

「野獣先輩」には「依存性」がある

ことを結論付けてもよいだろう。

 

そのため、非常に危険性の高いことがわかる。

 

結局、私も「野獣先輩」を服用することで一時的安定を得ることはできたが、結局メンタルの回復はできず、本物の抗うつ薬および精神安定剤を服用し、勇気を出して行動した結果現在普通の生活をする程度に回復できた。つまり私には「野獣先輩」は「一時的な効果」しか無かったのだ。

 

結局、私に「野獣先輩」は抗うつ薬としての役割を果たすことは無かったが、現在でも引き続き「野獣先輩」を不定期ではあるが、動画によって服用している。

 

確かにうつ病の症状がある人が「野獣先輩」を服用すると強い依存性が認められるが、特に健康的や一時的な気分の沈みに対しては「野獣先輩」の依存性が弱いものと思われる。

 

以前、記事でうつ病は「眠っているもの」で、誰でも起きる可能性があると自分は書いた。

 

coenscyanap.hatenablog.jp

 

「眠っているうつが起きそうになったとき」にこの抗うつ薬「野獣先輩」は計り知れない効果を発揮すると思われる。それについての確認は取れていないが、この状況に陥る人は純粋に「うつ病」になる人物より十分多いはずであるから、実際に調査などを行えば有意なデータが得られるのではと思っている。

 

最後に、

 

GO is GOD

 

なんでも「最初」を思い出して原点回帰したくなる自分

少しむずかしい話になりますが僕は「パワー半導体」というテーマに関して強い関心があり、今年はいる予定だった研究室も上の内容を扱っている研究室に入る予定でした。

 

しかしながら、留年を決めてしまったので、残念ながら配属になりませんでした。

 

今年再度配属希望を出す予定です。

 

ちなみにパワー半導体というのは、一概に「パワー半導体」と言っても色々あるので一意に決定できませんが、例えば高い電圧に対応した半導体です。

スマホとかに入ってる半導体は2000ボルトとか高い電圧に対応する必要はありませんが、電車などに組み込まれている半導体にはそれが要求されます。

 

そもそもこの「パワー半導体」に興味を持ったのは、僕が人生で初めて興味を持ったことは「車」でした。この車にも「パワー半導体」が組み込まれているものがあります。

 

という関連からパワー半導体を勉強したいなというのが最初の動機でした。しかし今では他の要因で興味を持っていますけどね。

 

「車」も人生で最初に興味を持ってから小学生になってからはあんまり好きじゃなくなってたのですが、大学生になって振り返った時「そういえば最初は車からはじまったような人生だったな」って思い出したのです。

 

トミカ(おもちゃ)買って、プレイステーショングランツーリスモリッジレーサー電車でGO!をやって、昔は乗り物が大好きな人間でしたね。

 

そして今その気持ちが再度蘇って、またレースゲームやモータースポーツを見るようになりました。

 

本題は、「ボウリング」の話

 

ボウリングは昔から唯一のスポーツの趣味でやっていたのですが、大学生になりサークルに入りやや真面目にやるようになったのです。

 

高校生の時、まぁ同級生同士でやる遊びスポーツの最右翼といえば「ボウリング」ですよね。また、大学1年でまだサークルに入る前、友達とボウリングに行ってた時。

その時はまだマイボールも何もかも持ってなかったので本気ではなかったのですが、ある人の投球動画を見て感銘を受けた記憶を思い出しました。

 

この人

 


Jason Belmonte Highlights

 

多分、たまに遊びでボウリングをやる人にとっては衝撃の投法だと思います。

 

この人は「ジェイソン・ベルモンテ」といい、プロボウラーでツーハンドボウラーの先駆者とも言える人です。

 

初めて見た時の衝撃度は半端では無かったのです。

 

「そうやって投げれるのか・・・・。」

って思いましたね。

 

そして時は流れ、2年からボウリングサークルに入った。その時は普段どおりの投法のワンハンドで普通にボウリングをしていました。

 

しかし、先日またこのジェイソン・ベルモンテ選手の投球を見て

 

これ、やりたいと思ったなぁ・・・。最初

 

って思っちゃったんですよね。

 

やろう!!

 

って思いました。

 

まだ何も知識がないので友達にツーハンドボウラーがいるのでその人に多少教えてもらいながら頑張りたいと思います。

 

そして近年日本の男子プロボウラーには若手のツーハンドボウラーが急増しているみたいです。やはり少しボウリング界でも異端とされるツーハンドですが、増加してるということは、つまりそういうことです(どういうことだ)

 

結局、ただ単に「ツーハンドボウラー」の練習します。って話です。

 

※最近勉強というか頭を回転させるようなことをしていないので日本語がおかしくなってる気がしますが、許してください。けものフレンズを見てるのでIQと語彙が溶けているみたい。

 

 

 

iOS 11.0(beta2)レビュー(iPad Pro 10.5inch)

iOS 11.0(beta)について

つい先日beta 2が公開されて、少し進化したけども、一部のアプリは当然のように対応してないが、前回載せた購入アプリはすべて起動するし、起動しないアプリと言ってもとてもマイナーなアプリばかりなので問題は全くありません。

 

案外beta 2で完成された気がする。

beta 1では・・・。iOSに僕詳しくないのですが、iOS10ではあのホームボタンをダブルクリックするか3DTouchで出す「起動中のアプリをシャットダウンする画面」あるじゃないですが、iOS10なら上にスライドすると消えてくれたのですが、beta1では長押しして×印を出させて消すというなんとも面倒な状態だったのですが、beta2ではiOS10同様に上にスライドするだけでアプリをシャットダウンできるようになりました。これで不満な点は取り敢えず消えました。

f:id:CoensCyanaP:20170715234544j:plain

 この画面です。

 

後はmacOSみたいな下のDockは使い方次第です。上手く使えば使いやすいと思います(暴論)

 

下のDockでは二つのアプリを同時起動させながら作業したいようなアプリを置くことがいいですね。

似たようなアプリを集合させて一つのアイコンにさせることってすると思うのですが、その集合させたアイコンをそのDockに置いても正直効果がでません。そうしちゃうと、その集合に入っているアプリは同時起動ができない模様です。なので、そのような集合体はおけないことだけ。

 

後、あんまり詰め込むと、10.5inchとは言えDockが案外ギリギリです。アイコンが小さくなってしまいます。

f:id:CoensCyanaP:20170715234143j:plain

小さくてタッチミスすることもあるのでほどほどにですね。

 

後、スクリーンショット撮影後、すぐに編集することができます。

Apple Pencilなどで手書きを加えたり、切り取りをしたりと・・・。

こんな感じ。

f:id:CoensCyanaP:20170715234803j:plain

 

便利そう。楽しそうって感想しか沸かないですが、実用的な気もする。

 

Control Centerに関しては批判もありますが、個人的には満足です。好きにアイコンを追加、減らしたりできるので。でも、タイマーとかのアプリは要らないかな。Apple Watchあるし。

 

後、画面の動画撮影が初期搭載されています。そういう関連アプリを買わなくてもよくなるということです。またはMacに接続しなくてもソシャゲの動画が撮影できるとか。

 

ファイル

ブラウズというか、Macで言えばFinderみたいに書類が管理できるやつですね。

正直使いこなせてはいませんが、ここからGoogleDriveやOneDriveなどの主要クラウドサービスに直接行けるので便利だと思います。

 

最近やっとiCloudの凄さを感じ始めた僕・・・。Apple製品どうしのファイル移動なら案外楽だよね。本当に今さらって感じ。

 

ファイル移動で思い出したのはAirDrop正直Apple製品ばっかり買ってる変態しか使わないと思うのですが、Bluetoothを介した高速ファイル移動は便利すぎます。例えばmacOSから受け取ったファイルをiOS11なら「お前このファイルどうやって開くのよ?」って聞いてくれるので、PDFとかならKindle、写真とかならそのまま写真にとかできるので便利。

 

最後に

 

iOS 11、たまに勝手に落ちる。

 

beta版だから。ま、多少はね?

 

でも結論

 

超便利だと思います。iPad向けには。

(iPhoneは知らん)