読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画クレヨンしんちゃんといえば・・・?隠れた名作?

うつ病のことを毎日書いてたらそれこそ読む人も書く人も萎えるので、

 

今日は全然関係ないけど私の好きな話を。

 

映画クレヨンしんちゃんで一番好きな映画は?」

 

って質問したら、多分帰ってくる答えは大体2パターン

 

  1. オトナ帝国(2001年)
  2. 戦国大合戦(2002年)

って言うんですよ。間違いないってか、もうそれしかない。

 

実は自分は昔から漫画は本当に読まないのですが、クレヨンしんちゃんだけは膨大な数読み漁って、アニメとか見てて「ここ原作とこう違うな」とか言ってたりするヲタクです。

 

もう20年も続いているアニメで、国民的なアニメの1つと言ってもいいですが、これまで本当に大好きだ!みたいなコアなファンは見たことがないし会話したことがない。

 

で、関係のない話ではありますが、AmazonのPrime会員でプライムビデオというのが見ることができるのですが、ここでクレヨンしんちゃんの2015年までの映画作品を全て見ることができるわけで、最近暇だったので(ほぼ)全ての映画を改めて見てみました。

 

そこで、

 

オトナ帝国と戦国大合戦だけじゃない!見て欲しいクレヨンしんちゃん映画

 

を3つくらい紹介したいと思います。

 

 

映画 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 [DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 [DVD]

 

 1つめはこれ、要約すると、

カスカベ防衛隊(しんちゃん、風間くんたち)が秘密組織SMLのお色気とともに悪の組織に誘拐されて、それを野原夫婦とSMLの筋肉が助ける物語です。

 

本当にざっくり書くならこんな感じ。

 

この映画は終盤に強い感動ポイントがあります。個人的にはオトナ帝国に同じくらいは感動します。でもそこだけが魅力のシーンなので、ちょっとつまらないかも・・・?

いやいや、面白いですよ。

 

 

 

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾! [DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾! [DVD]

 

 2つ目はこれ。要約すると、犬のシロのおしりに地球を破壊する爆弾がついてしまったので、それを地球外へシロごと打ち上げようとする組織ウンツィなどからシロをしんちゃんたち野原一家が守る物語です。

 

この作品はクレヨンしんちゃんで珍しい、映画中盤で感動シーンがやってくるところ。

その感動具合は本当にすごい。泣ける。でもちょっと狙ってる感じも否めないから・・・。いやいや、でもあの途中のシーンは泣けます。全体的に見てもかなり面白い映画で、エンディングの歌がほんのり感動します。全体的にはかなり高評価の映画です。

 

 

 最後はこれ、紹介した作品の中では一番新しい作品2014年の作品。

 

2010年代前半のクレヨンしんちゃん映画は感動は多少はするけど、やっぱり万人受けは厳しい作品が続いたと思います。その流れが打ち砕かれた作品でこの翌年の作品(今回は紹介しませんが)も高い仕上がりになっています。

 

もちろんこの映画の仕上がりも素晴らしいです。

 

あらすじは、この作品は説明が難しいですが、見てくれれば一目瞭然ですので、本当にざっくり書きます。

野原家父親のひろしが、あるお店に入った後、ロボットにされて帰ってきます。その後敵とロボのひろしが闘うetcその後も色々あるのですが、それ書いちゃうと面白くないので書きません

 

感動ポイントは結構あります。ロボットになってしまったひろしを受け入れられない妻みさえとの関係が少し感動、でもロボのひろしと敵の親玉の戦いは笑いもありますが、その戦いの後の最後のシーンは本当に本当に感動します。

もしかしたら映画クレヨンしんちゃん史上最高に感動するシーンかもしれません。

 

面白く、とても感動的ですのでぜひ機会があれば一度見ていただきたい作品です。素晴らしいですよ。

 

 

以上、紹介しましたが、まぁ映画は普段全く見ないような素人の戯言だと思うので適当に見てあげてください。もちろんオトナ帝国と戦国大合戦を否定してるわけではありません。オトナ帝国のひろしの回想シーンはやっぱりいいですよね。

 

ところでなんでこんな記事を書いたかと言うと、「クレヨンしんちゃんの映画といえばオトナ帝国でしょ?」って昔に言われて、その時に雑な答えしかなかったのでガッツリ書いてみたかったからです。

 

この企画、なんかウケがいいなら続けるけど、多分悪いはずので読み切り!