けものフレンズに支えられる適応障害の大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

劇場版名探偵コナンを全部見た話

どうも、期間限定自宅警備員です。

 

5月に劇場版名探偵コナンシリーズ全20作品一挙放送がありまして、無事に制覇しました。

 

今日は「純黒の悪夢」の二回目の放送が現在放送中です。

 

www.wowow.co.jp

 

このリンクは、6月も一挙放送があるのでそのリンクです。

 

全部見た感想としては

 

「全部面白い!」

 

賛否が別れる作品もあるのですが、劇場版は「コナン達の非現実的すぎるラスト」があまりにも面白くて、見てしまいますね。

 

ファンの中には「昔の作品が良かった」などの意見もありますが、個人的には新しい作品も捨てがたいものがあります。

 

全部見て、ランキングをつけるとするなら。

 

  1. ベイカー街の亡霊
  2. 天国へのカウントダウン
  3. 時計じかけの摩天楼
  4. 迷宮の十字路
  5. 純黒の悪夢

にはなるんですけど、でも振り返ると順位はほぼ付けられない・・・。

 

ベイカー街の亡霊が1位になるのは、個人的に、内容とテーマがとてもおもしろいので、他の作品より断然面白い。

 

確か工藤親子が出る唯一の作品ですよね(母親はゲーム内でしか出ないけど)

 

こうやって書くと、「お前も昔の作品好きじゃん!」って言われそう。

確かにそうかもしれませんね。

 

好みは人それぞれ、作品毎によさがあると思うのでひとつひとつの良さを書くのは割愛したいと思います(面倒くさいだけ)

 

で、全作品をやっと見たわけですが、どうしても言いたいことがあります。

 

「爆発物いつ仕掛けたの?」

 

って言いたいのです。一部の作品では爆発物は登場しませんが、多くの作品で大量の爆発物が登場するのが、劇場版名探偵コナン

 

「時計じかけの摩天楼」では、大型ビルが爆発するんですが、あらかじめ犯人がプラスチック爆弾を盗難するなどの伏線があるので、所持に関しては分かるんです。

 

でも、あんなビルを「一気に破壊しないで少しずつ丁寧に破壊する」には爆弾を仕掛けるには莫大な時間が必要なのに、いつ仕掛けたのって感じです。

 

というか、同作品ではその前に線路に爆弾仕掛けてるし、どうやって仕掛けたの?って何度でも言いたいです。

 

他の作品でも同じ。「沈黙の15分」なんてダムを破壊する爆弾いつ入手していつ仕掛けたのって言いたいんですよ。

 

名探偵コナンの作品で突っ込みたいところはいつでもそこです。

でも面白いから見てしまうのも名探偵コナン

 

ちなみに、最新作の「から紅の恋歌」に関してはまだ見ていません。

 

「彼女がいないから!」