けものフレンズに支えられる適応障害の大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

「色がある」ってなんですか?

純粋で短いです。

 

僕は絵描きをしないのですが、よくRGBで色を決定することがあると思います。

 

その時、すべての色の数値を0にすると、ブラックになりますよね。

 

すべての数値をMAXにするとホワイトになりますよね。

 

一般的に「色がない」って言われると「ホワイト」を連想しませんか?

 

でもこうやって考えると「色がない」ってのは「ブラック」になりませんか?

 

でもでも、書いてて思ったのですが、それって「基底」の違いなのでしょうか、

いまの議論では「基底」を「RGB」にしてるからこういう話になるんじゃないかと説きましたが、その「基底」を別の考え方にすれば、「色がない」ってのは「ホワイト」と言えるのでは無いのかと思えました。

 

それともそもそも「色がある、ない」って議論は意味がないのかもしれませんね。