けものフレンズに支えられる適応障害の大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

北海道の7月は避暑できない

暑い!!!

 

しかも憎たらしいことに

 

北海道が暑い!!

 

でもね、暑いのは北海道の内陸だと言うことは言っておきます。

 

僕の地元は北海道の標茶町というところにあります。

 

「どこなの?」って説明する時に「釧路から内陸に50km走った所」って言ったら

 

「釧路ってどこ?」って言われた時はがっかりしましたね。

 

つまり、ベタベタな内陸です。北海道の内陸の夏冬はエグいくらい暑い寒いです。

 

さて、7/6に帰省した僕。

その少し前からつくば市」と「標茶町」の最高気温を比較してみましょう。

f:id:CoensCyanaP:20170713124530p:plain

データ元:気象庁|過去の気象データより

 

僕がつくばから標茶へ戻ったのは7/6です。

 

見てください!!7月7日以降の標茶の最高気温を!!!!

 

明らかに急上昇してるのがわかりますね!!!

 

7月8日に関してはつくばの最高気温を超えているのがわかります。もうなんですか。北海道なんですか・・・。

 

「でも日平均気温を見たら全然涼しいじゃん〜」

 

って言う人がいると思います。そうですね。最低気温は当然標茶町は低いので、正直「そこまで寝苦しい夜」は味わっていませんが、まぁ昼間はクソ暑いの一言です。

 

日較差がデカイと体調も崩しそうになりますね。なんて厳しい環境なんだ標茶・・・。

 

7月8日以降、昼間に関してはほぼつくばと遜色ないと言っても過言ではないのでしょうかね・・・。

 

しかも実家はエアコンと言う名の「オアシス」がないので、絶望的です・・・。

 

俺は北海道に避暑しに来たのに・・・。毎日ツライさんで過ごしています。

 

ちなみに、50km離れた釧路市なんと最高気温が30℃を超えた日すらなし!!

 

いいなぁ・・・。やっぱり内陸は地獄ということです。

 

「早く帰りたい・・・。」