けものフレンズに支えられる適応障害の大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

僕だけ夏休み終盤戦

Facebookの丸パクリ)
 
今日の関東地方は本当に暑いそうですね。こちら北海道は7月は本当に関東に負けず劣らず暑かったのですが、現在はかなり涼しい日々になって大変過ごしやすいです。でも少し湿度が高いかなと言う感じです。
 
さて、大学生の皆さんは夏休みに突入した方、大学院試験勉強に励んでいらっしゃる方などがいるかと思います。
 
僕の人生で一番長かったかもしれない「夏休み」はいよいよ終盤戦という感じです。
 
明日病院に通院して診断書を貰って復学届を提出します、いよいよ復学だなという感じです。
 
まぁ、「休んでる期間」としては昨年の8月からですので結局9月まで休むと確かに14ヶ月も休んでるんですが、実際体調面、精神面でとても辛かった期間が半分以上を占めていたので、結局ゆっくり休めたのは今年の4月頃からかな・・・?なので実質休みは6ヶ月でした。
 
色々と遅れてしまったこと、できなかったことなどもありましたが、人生経験として学ぶことはお金や自らすすんでできるような体験をした気がします。正直回避できるならそれに越したことはないと思います。色々と金銭面などで厳しくなったのは事実ですし、両親を含め多くの方に迷惑をかけてしまったことは事実です。
 
でも、昔からなにも無かったのが不思議で自分のような精神面が弱いことは自覚していました。正直それが初めてこの自由な時間が多くて、失敗しても被害を小さくできる大学生の間に起きたことは幸運だと思っています。
 
今回、このようなことがおきて、自分と、自分のメンタルに改めて向き合うことができました。自分との付き合い方をよく知ることができたと思います。これからはどうなるかわかりませんが、このような経験をして、学習した自分はまた色々な壁にぶつかると思います。その時にまたメンタルを崩壊させないように自分をコントロールする術を今回学べたと思っています。
 
必ずこの1年間が、「人生の中の無駄な1年間」ではなく、「人生の中で絶対に必要だった1年間」と後々思う時が来ると思っています。
 
さて、3.5年生として9月、秋学期を迎えます。
3.5年というのは、せっかく研究室に席を頂いたのですから、少し4年に足を浸けて頑張ってみたいと思います。
 
ただ、病み上がりに変わりないので、無理はしませんが。
 
8月末には必ずつくばに戻ってそこからずっといますので是非お食事やお話をしたいです。貴重なお時間を割いて頂ける方がいましたらご連絡ください。