適応障害から復活した大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

最後のけものフレンズがーでんに行ってきた(完全版)

始まったものは、いつか終わりが来るものです。

寂しい気持ちはあるけれど、また新しい道を歩まなければなりません。

 

それでも、楽しかった日々で集めたものは無駄にはならず

これからの道で活かされ、あなたを勇気づけることでしょう。

 

弱い僕はお別れをどうしても拒否したがるから、

折角ならちょっとでも繋がっていたいなと思うんです。

だから僕は皆さんに名刺を作成して配ったのです。

 

うつ病から回復してすぐこの関東地方に帰ってきてから不安は確かにあったけれど、その不安を一番払拭してくれたのは、紛れもない「けものフレンズがーでん」でした。

 

こんなちょっといいことみたいなこと書こうとしたらちょっと涙が出そうになったけど、多分早起き(書いてるの深夜3時)したからだと思います。

 

最後のけものフレンズがーでんは10月30日、16時から22時まででした。

格好はツチノコ。なんかもはやこれがしっくり来るなと感じたのです。

 

案外Twitterをする余裕はあったのですが、あまりにも強風で手が悴んでしまったのでツイートするのがしんどかったです。ハシビロコウさんみたいな手袋くらいつけてくればよかったなと・・・・。

 

最後のがーでんだからという気持ちは結局最後まで微塵もなかった。ただいつも通りのがーでんだった。ちょっとゲストさんがいたくらい。

 

本当に変わらないがーでんを最後に迎えられたことが嬉しかった。楽しかっ

思い出に残ったと思います。

 

本当はもっともっと多くのスタッフさんにお手紙を書きたかったのですが、特に感謝している数名のスタッフさんだけになってしまいました。

 

幕張のがーでんでは全員に向けた手紙も書いたのですが、それにすればよかったかなとちょっと後悔もあるのですが、がーでん全体について手紙を書き始めるとキリがないということで、このブログでもスタッフさんが見てくれると信じて・・・。

 

最後は泣いてしまうかと思ったのですが、感じとしては「好きなアーティストのライブが終わった後の満足感」のようなものが満ちてきました。これは幕張のが〜で〜んが終わったときと全く同じ感じでした。今深夜になって少しずつ「本当に終わったんだな」という気持ちが心を埋め尽くしています。

 

この記事は10月31日の22時半に掲載するように設定したので、多分その時に僕は「あの」お手紙も読んでるだろうし、「本当に本当にがーでんが終わったんだ」という気持ちになって少しだけ悲しい気持ちになってるだろうし。でも多分最終日のがーでんに行った方々が一番「終わったんだな」と思っているんだと思います。

 

ちょっとあったことを時系列みたいな感じで。ツイートを見れば一目瞭然ですからそれをそのまま掲載しますね。

 

 

入って、出るまで。もちろん他にも沢山の色々なことがあったけれど、言葉にできないというか、色々ありすぎて楽しかったなと・・・。

 

相羽あいなさん本人に直接イワビーのポップを渡すことに成功するきゃな氏

 

フレンズさんにも協力してもらい、奇跡の席を獲得して超嬉しかったきゃな氏

小野早稀さんと距離50センチくらいだった・・・。

 

そして、絶対に昔ではできなかった、「声優さんに自分からちょっとだけ声をかけて相羽さんにポップも渡せたし、最後にさようならの挨拶までできてしまった・・・・。

相手方としてはただの迷惑な客としか思ってないかもしれませんが、そうだったらただ申し訳ないと思うばかりですが、でも気持ちを少しでも伝えることができて嬉しかったです。iMacにいる5匹のイワビーもすごい喜んでるように見えます。あくまで見えます。

 

相羽さん、やっぱり僕好きです・・・。母性が高い・・・。(これずっと言ってます)

でも、もちろん根本さんも小野さんも好きですし、結局箱推しに変わりはないと思います笑

 

相羽さんは幕張がーでんでお会いできなかったので、それだけに会えたことが本当に嬉しかったです。これで、一応どうビス×PPPの中の人に全員お会いしたことになります。でも今回は異常なほど至近距離でしたけどね笑

 

そして、やってきたがーでん終わりの時間・・・。バスの関係もあるので、ちょっと長居したい〜とか感情は結構僕にはないのです笑

 

でも、手紙を渡すことができたスタッフさん全員と握手を交わして「また会いましょう」と約束したのです。

 

これを叶える(がーでん2期)のは僕の力では正直どうにもなりません。それまでに僕は夢に向けて突っ走る毎日を始めたいと思います。

 

そしてパワーアップした(けものフレンズ的にはパワーアップしてないかもしれませんが)僕とスタッフさんとフレンズさんとまた会いたいと思います。

 

最後にスタッフさんとけものフレンズがーでんに感謝の気持ちを述べて、いつものように写真を掲載して終わりにします。

 

けものフレンズがーでんのスタッフの皆さんへ

けものフレンズがーでんのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。最初に書かせていただきました通り、僕がうつ病から復帰しつつある中、僕はけものフレンズがーでんに行きました。がーでんはまさに天国のような空間。優しいスタッフさん、優しいフレンズのみなさん、全員が「けものフレンズが大好き」という共通点で静かな日もあれば、どったんばったん大騒ぎする日もありました。

時には迷惑をかけてしまったことも多々ありました。やはり人間楽しんでいるとちょっと羽目をはずして、やってはいけないこともしてしまうことがあると思います。そんな時もスタッフさんは静かにやんわり優しく指摘してくれました。その優しさが「また行きたい」と思える要因の一つでした。

後はこのような、他のフレンズさんと交流することができるような場を設けてくれたことにも本当に感謝します。この場所で僕は多くのフレンズさんたちと交流し、本当に友達になりました。

 

そして最後にはスタッフさんとも友達になりたいと思って、なるべく多くのスタッフさんに名刺を撒いたつもりです。ぜひ一人でも多くのスタッフさんがこの記事を読んでいただければ私にとって最も幸せです。

 

僕の人見知りゲージも少し緩和されました。以前では知らない方に質問されたらただ答えを返すだけのような人間だった僕が、答えた後さらに会話を継続できるようになることが増えました。それを先日凄く感じて「これってがーでんで多くの交流を経たことが大きな要因なんじゃないか」と思いました。がーでんは知らず知らずのうちに、僕を成長させてもくれたのですね。

 

でも、やっぱり始まったものは終わる時がありますよね。

正直な話。大学が10月から始まっているのですが、がーでんは10月にイベント盛りだくさん過ぎて、正直大学に打ち込めてない自分がいます笑。

だからがーでんが終わった11月からは、勉強の本気を出そうと思います笑

でもがーでんは悪くないですよ。初めて行った9月から10月末まで僕に人生で一番楽しいと思えるような二ヶ月をくれました。

 

まだ11月からでも大学の勉学は挽回可能ですので、どうかご安心を笑

 

話がそれてしまいましたね。

果たしてこれで、がーでんへの愛、感謝の気持ちが伝わったのかは僕にはわかりません。でも、伝えたつもりです。

 

来年は僕は4年生です。卒業研究なるものでものすごい多忙な日々を過ごすことになると思います。実際がーでんがもし、帰ってきてくれたとしても行ける時間はかなり少なるのは間違いないと思います。

 

それでも、必ず行きますので、待っていてください。というか、頑張って「おかわり」を作ってくださいね。

 

けものフレンズがーでん、愛しています。スタッフの皆さん、またお会いしましょう。

(このブログになんでもよいのでコメントいただければ僕は嬉しいです)

 

最後の画像コーナー

まだ風が強かった16時台

f:id:CoensCyanaP:20171031034502j:plain

f:id:CoensCyanaP:20171031034510j:plain

助手「カレーよこせ」

f:id:CoensCyanaP:20171031034529j:plain

助手「うまい、でも喉が痛い」

f:id:CoensCyanaP:20171031034535j:plain

我ながらいい写真

f:id:CoensCyanaP:20171031034540j:plain

祭壇みたいになってきた

f:id:CoensCyanaP:20171031034547j:plain

助手、可愛いです。

f:id:CoensCyanaP:20171031034556j:plain

アルパカさん、僕のお手紙食べちゃだめだよぉ・・・。

f:id:CoensCyanaP:20171031034601j:plain

アルパカさん、あんまんを手に入れ喜ぶ。

f:id:CoensCyanaP:20171031034610j:plain

超・トキコーナー

f:id:CoensCyanaP:20171031034625j:plain

最後にバスに触れておきたくなった。僕の手、案外綺麗でしょ?(自慢)

f:id:CoensCyanaP:20171031034629j:plain

がーでん全映、このアングルがやっぱりしっくりくるというか。いいですね。

f:id:CoensCyanaP:20171031034638j:plain

プレーリーのおねーさま。実は同い年、道産子、共通点が多すぎる。がーでん終わってのんびり一度お話したいスタッフさんダントツの第一位

f:id:CoensCyanaP:20171031034653j:plain

すごい・・・。コースターがたくさん・・・。

f:id:CoensCyanaP:20171031034704j:plain

f:id:CoensCyanaP:20171031034702j:plain

最後はこのクソ寒い時期にアイスクリームを食べるアルパカさんでお別れです。

f:id:CoensCyanaP:20171031034711j:plain

 

番外編:実は30日のがーでんで一番うれしかったこと

お手紙を書いたのですが、それを見てもらってる時に「きゃなくん字が綺麗だね、女子みたい〜」って言われたことが一番嬉しかった・・・。言ってしまうと丸っこい字を書くのですが、それが多分ウケがよかった。地味なことですが、嬉しかったです・・・。