けものフレンズに支えられる適応障害の大学生のブログ

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

僕の誕生日

厚かましいですが、今日は僕の誕生日です。

 

この1年間は本当に色々なことがありま・・・。あったんですけど、出来事的には数は少なかったのですが、その1つ1つがめちゃくちゃ濃すぎました。

 

正直この1年は私の人生の中で最も必要で、貴重で、記憶に残る1年間だったことは間違いないです。

 

ちょうど1年前、僕は実家で苦しんでいました。

大学は始まっているのに行けない。

このときはまだうつ病じゃなくて前段階の「慢性胃腸炎」をゆっくり治してる時でしたが。

 

その後11月の中頃に大学に一度だけ行けたのですが、以降全く行けないどころか外出も厳しくなってしまいました。

 

そしてうつ病になり、実家で静養し、留年し、休学し、復学し・・・。

 

だからこそこの1年間は本当に出来事としては沢山なかったのですが、濃い思い出になりました。

 

留年したことは僕にとって人生で初めての大きな失敗でした。そこから復活して今に至ります。この失敗は必ずこれからまた大きな失敗をしてしまった時に、またうつ病になったりしないための大きな財産になってくれると僕は信じています。

 

だからこそ、この一年間は無駄ではなかったと胸を張って言いたいと思います。

 

そういえば、一年前の誕生日「この一年間は僕にとって本当に大変な一年になるかも」と病気ながらに思ったことはありました。

さらに桑田佳祐さんのライブを見て2017年になった時も同じく「2017年は僕にとって非常に大変で苦しい1年になると思う」

 

確かにその通りになりました。

 

でも、最後に「Happy End」が待っていました。

 

そうです。このブログをご覧になっている方はもうわかると思います。

 

けものフレンズがーでん」です。

 

この波乱万丈で悪いことばかりだった一年間。それをすべて総精算するようなHappy Endでした。

 

もうけものフレンズがーでんであったあんなことやこんなことは沢山沢山このブログに書いたので、もうここでは書きません。

 

本当に本当に最後に幸せな日々が僕を待っていました。最後に「振り返れば色々あったけれど終わり良ければ全て良しだったな」と思える一年間でした。

 

そして、今まで僕は「親友」という言葉もあまり好きではありませんでした。

「親のような友」ってそんなのあるんかい!ってクソみたいなツッコミをしていました。

 

でも、「けものフレンズがーでん、けものフレンズ」を通じて1人の本当に大事なフレンズ・・・。いや、ペアレントフレンズ・・・。いやいや親友です。

 

人生で初めて本当に本当に最初の親友です。相手方はどう思っているかわかりませんが。この最後のがーでんの日々の楽しさが倍増したのも彼のおかげです。

 

本当にありがとう。そしてつまりはこれからもどうかよろしくね。

 

(ちなみにここで親友とは書きますが、普段はもう身長や顔立ち、体型もそっくりなので、お互いに「ドッペルゲンガー」と呼び合っています。)

 

さて、最後にこれからの一年間について。

大学4年生。研究をする大学生になり、忙しい日々。いや自分から積極的に勉学に励み忙しくさせていきたいと思っております。

 

前の記事でも書きましたが、がーでんで遊んでいた10月はちょっと勉強を犠牲にしてしまったので、11月2日。誕生日を機にガラッと生活を変えていきたいと思います。

 

終わってしまったけものフレンズがーでん、ロスもあります。余韻に浸ることもできますが。もう終わってしまった。ちょっと忘れて勉強に集中したいと思います。

 

この1年間、病気やサークル、勉強に関して迷惑をかけた友人の方には本当に申し訳なく思いつつ本当に感謝しています。ありがとうございました。これからの一年間もよろしくお願いします。

 

そしてけものフレンズがーでんやけものフレンズで知り合ったフレンズの皆さん。こんな僕と楽しい日々を過ごしてくれて本当にありがとうございました。

会う機会は激減すると思いますが。こんな僕とこれからもフレンズでいてください。

ありがとうございました。

 

f:id:CoensCyanaP:20171031034638j:plain



amzn.asia

 

ほしいものリストです。ください(乞食)