CoensCyanaP's Blog

休学して、留年した大学生が綴るうつ病(本当は適応障害だった)の備忘録、自分の趣味について掘り下げて書いて自己満足するブログ。お金を稼ごうとか気持ちはないので、日記感覚で。

ちょっと#自宅カフェ とか始めてみない?

コーヒーブレイクとはまさにこのこと。

 

そんな記事を書きます。

 

 

正直自宅カフェってのはあんまり前例がないんじゃないんでしょうか。

 

僕がぶち込んでる珈琲は一応本格派、豆をその場で挽いてぶち込みます。

 

ん?自宅カフェがしたい?最初の準備費はかかるけど、単焦点レンズよりは安いよ!

 

用意するもの

 

  1. 豆を挽くためのミル
  2. ドリッパーとフィルター
  3. サーバー
  4. ポット
  5. 焙煎してもらった豆の状態のままのコーヒー豆
  6. マドラーと砂糖、ミルクなど(オプション)

 

案外多いように見えますが、各々は安いので。

 

1.豆を挽くためのミル

 

 

 

 

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

 

 ※(これのKH-5がオススメ)

 

初めて珈琲淹れるなら手挽きミルで大丈夫です。僕はそれだけで単焦点レンズが買えてしまうようなミルを買ってしまったが・・・。

 

だって面倒くさいんだもん・・・。

 

2.ドリッパー

 

 

 

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター 01W 1~2杯用 100枚入り ホワイト VCF-01-100W

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター 01W 1~2杯用 100枚入り ホワイト VCF-01-100W

 

 

ドリッパーは挽いた豆を置くところ

大事な部分です。僕は最初の人にはハリオを推奨しています。

だって楽ちんに入るし、美味しいもん。

 

あっ、01とか02とかがありますが、01が1〜2人用、02が1〜4人用です。

そうなると沢山の人数でもOKだから!という理由で02にしがちですが、そうなるとドリップが大変になるので、基本的には01をおすすめします。フィルターも同じく01フィルターを購入してくださいね。間違えないように。

 

3.サーバー

 

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

 

 これの450mlというのをオススメします。01を購入したならそのサイズで事足りるので。間違えてサーバー(コンピュータ)を購入しないように

 

4.ポット

ここが一番の難関

 

カリタ ステンレス製細口ポット 0.7L #52055

カリタ ステンレス製細口ポット 0.7L #52055

 

 

 

タカヒロ コーヒードリップポット 0.5L 18-8ステンレス

タカヒロ コーヒードリップポット 0.5L 18-8ステンレス

 

 ↑

これの0.9Lがオススメ

 

上のカリタのポットですが、僕ももっていないのでなんとも言い難いです。

これに関しては最初から僕はタカヒロのポット(これがまぁ高い)を購入したので、なんとも言い難いのですが、ポットはハンドドリップ珈琲のまさにメイン武器のようなものなので、ここで妥協はしたくないってのはありますが・・・。ポット1つに7000円って高くね?って思いますよね。思いますよ僕も。

 

でも、多分カリタのポットでも美味しいのができると思うので多分大丈夫です。投げやりでごめんね。

 

5.焙煎してもらった珈琲豆

 

ハンドドリップ珈琲の強いところは、焙煎してもらった豆の状態で保存ができるので劣化が鈍化するところです。

 

大体挽いた豆は14日で確実に駄目になってしまいますが、挽いていない豆は30日は持ってくれます。まぁレベルの高い人は14日で飲めって言うんですけどね。無理。

 

豆のままで珈琲を焙煎して売ってくれるお店、案外多いようにみえて少なかったりします。

 

ネットで購入するなら「珈琲問屋」、東京圏なら「やなか珈琲」をオススメしています。

 

やなか珈琲さんは先日「こころブレンド」のコーヒー豆が話題になっていたのを見ました。非常に高品質なコーヒー豆を提供してくださるので、僕が最も信頼しているお店です。

 

東京圏なら秋葉原、目黒などにありますので、詳しくはググってください笑

 

あと、珈琲問屋さんはネットから注文するなら非常に便利です。豆の品種も多く、豆ごとの説明が非常に優しいので、是非調べてみるとよいと思います。

 

ただし!注文の際は、焙煎してもらう度合いと、豆のままで注文することを忘れずに!

過去に一度焙煎されていない生豆状態で自宅に来てミスオーダーを決めたことがある僕からの注意喚起です。問屋さんは焙煎忘れなどは絶対しません。悪いのは僕です笑

 

これで、多分ハンドドリップ珈琲が飲めると思います。

 

ねっ?振り返ってみると案外面倒くさいね笑

 

あとはお好みでマドラーやシュガー、ミルクをどうぞ。

 

ただ、美味しいですよ・・・。それは保証します。

 

こんど、なんか企画とかで僕のハンドドリップコーヒーを振る舞う時間なんてくれたら僕頑張っちゃおうかな〜笑

 

多分こないかな・・・?

 

というわけでめっちゃながいコーヒーブレイクです。ブレイクが終われば本記事を書きますが、サラッと書きますよ。悲しいことは少しだけにしようと。